ルート「アルプスとボーデン湖の間」

ユネスコ・ルート「アルプスとボーデン湖の間」を旅すると、石器時代まで時間を遡ったり、鄙びた場所で素晴らしい教会を発見したり、極めて特殊な島に渡ることになります。 そして、ノイシュヴァンシュタイン城やバイエルン州の大都市ミュンヘンといった、世界的に有名な観光スポットが、プレアルプス地方に広がる魅力的な風景と共に、 “装飾的な付属品” として現れるのです。

ルート情報

距離:約600キロメートル • 起点: シュトゥットガルト • 終点: ミュンヘン • 所要日数:4日

おすすめの宿泊地:ライヒェナウ島やフュッセンなど

ルート

自動車の運転が好きな人。 あるいは、自動車に憧れを抱いている人。 そのような人たちにとって、シュトゥットガルトは考えられる最高の場所です。というのも、ここは自動車発祥の地というだけでなく、自動車の歴史が他にはないほど生き生きと息づいているからです。心に抱いている “自動車への想い” は、シュトゥットガルトを訪れる度に、リアリティを持つようになります。

もっと

僧院の島ライヒェナウ ( バーデン・ヴュルテンベルク州 ) に、9世紀から11世紀にかけて建てられた3つのロマネスク教会は、かつてのベネディクト会修道院の重要性を現代に伝えています。 この修道院は724年に設立され、瞬く間に南ドイツで最も重要な僧院のひとつに発展しました。 その伝統は、世界でも類を見ない宗教上の祝祭や行列の中に、今日なお生き続けているのです。

もっと

ドイツ国内の杭上住居の遺跡は、バーデン・ヴュルテンベルク州のボーデン湖畔に9件、オーバーシュヴァーベン地方のアウクスブルク南郊とシュタルンベルク湖に9件あります。 これらの場所は、フランスやイタリア、オーストリア、スイス、スロベニアの93か所と共に、7000年ほど前に起源を持つ、考古学上の遺産を今に伝えているのです。

もっと

アルプス山麓にある「ヴィースの鞭打たれるキリスト巡礼教会」は、バイエルン・ロココ様式による完璧な芸術作品とされています。 ここには、世界各地から年間100万もの人々が訪れます ─ 眺めるために、驚嘆するために、祈るために、礼拝に参加するために、夏季コンサートを聴くために、そして何より静かに内省するために……。

もっと

ノイシュヴァンシュタイン城が持つシンボルとしての力は、理想主義的でロマンチックな建築様式と所有者の悲劇的な人生の組み合わせと相まって、世界中を魅了しています。ルートヴィヒ2世は自身の帝国の統治権を失ったため、伝説とメルヘンによる自分だけの世界を創り出したのです。

もっと

それをライフスタイルと呼ぶか生活様式と呼ぶかは別にして、ミュンヘンでは非常に大事なものとされています。 場所が、有名な白と青の空の下 ─ ちなみに白と青はバイエルン州旗の色 ─ なのか、あるいは市内の美しい地区なのかは、さほど重要ではありません。 ビアガーデンで、素敵なブールバールで、さらにはFCバイエルン・ミュンヘンのスタジアムで……ミュンヘンっ子は、いつでも最高の面を見せてくれます。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました