• 0
景勝地を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ユネスコ生物圏保護区ブリースガウ ─ 蘭の国と “人生を楽しむ術”

ユネスコ生物圏保護区ブリースガウ ─ 蘭の国と “人生を楽しむ術”

ブリースガウは、ザールラント州の東南部、フランスとの国境地帯にあります。蘭の花が咲き乱れる草原とブナ林、印象的な低湿地などが織りなす風景が、この地域の魅力です。

ブリースガウは、ドイツで最も西に位置する生物圏保護区で、フランスとの国境に接しています。緩やかな丘陵地域であり、その特徴となっているのは、裂果植物が育つ広々とした草原と貴重なブナ林、様々な蘭の花が咲く草原、印象的な低湿地などが織りなす風景です。ブリースガウは、多数の珍しい動植物の “残存地域” でもあります。たとえば、コキンメフクロウやアカトビ、トカゲ蘭、リナンサスといった動植物の生活圏となり、存続できるように保護しているのです。さらに、広々とした石灰質土壌の半乾燥草原では、ドイツに生息する蘭の半数近くを目にできますし、風光明媚なブリース低湿地ではビーバーの痕跡を確認できます。痕跡といえば、非常に古い入植地であるブリースガウには、古代ローマ人やケルト人が居住していた痕跡が存在します。そして南部では、魅力的な風景に、中核都市ザンクト・イングベルトの産業文化施設と文化イベントが加わります。多数のプレミアム・ハイキングロードやテーマ・サイクリングロードを利用して、国境地帯とその観光名所を回ることも可能です。一方、独特の趣で人気のハイキングルートになっているのが、歴史的な “聖ヤコブの巡礼路” 2本で、歩きながら地域全体の概観を得ることができます。ブリースガウには、乗馬ツアーを楽しめるように、馬や人の休憩所も設けられています。また、変化に富んだ地形だけでなく、食の芸術や文化でも人々を惹き付けています。

Discover your favourite spot