• 0
選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
The Middle Rhine wine region, Kaub, Gutenfels Castle and Pfalzgrafenstein Castle

ワイン生産地域ミッテルライン:世界文化遺産のブドウ栽培

険しいブドウ畑の斜面、古城と宮殿、世界的に有名なローレライの下を120Kmにわたってビンゲンと ボン 間、歴史に満ちた中流部ミッテルラインの風景の中を、ライン川が滔々と弧を描いて流れています。「ジーベンゲビルゲ」と「ローレライ」がミッテルライン地域をさらに二つの地域に分けます。ブドウ畑が特色の南側の景観、 コブレンツ とビンゲンの間の文化景観は、2002年に ユネスコ世界遺産 に登録されました。これは急勾配斜面のブドウ畑を守る勇気をブドウ栽培業者に与えました。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

土壌

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト

ライン・シュタイク (シュタイクは「細い山道」の意) では、ヴィースバーデンからボンに至るライン川沿いのルートに、歴史的な城塞や岩壁、ブドウ畑、クライミングルートなどが、真珠のネックレスさながらに連なっています。

おすすめ

ローレライ、ザンクト・ゴアールスハウゼン
伝説的なローレライと伝説のまつわる岩は、ライン渓谷に高く突き出て、旅する人々を長い間魅了してきました。 ローレライセンターでは、初期のライン川観光客の足跡をたどるように、歴史や文化、自然、そしてローレライ伝説について紹介しています。

コース概要

起点: ヴィースバーデン Wiesbaden
終点: ボン Bonn
距離: 320 km
ステージ数: 23
標高差 (近似値): 上り 21,900 m、下り 21,900 m
路面状況: 36%自然道、18%アスファルト舗装道、36%その他 (砂利道など)

ホテル・ランツクネヒト(三ツ星スーペリアー)は、ユネスコ世界文化遺産のライン渓谷の古城やブドウ畑の景観の中、ライン川に面したロマンチックなホテルです。ホテルはワイナリーを保有し、リースリング種ワインを主に高級なワインを造っています。お食事には自家製ワインを味わっていただき、ライン下りやハイキング、休暇にもワインをお楽しみください。
ロマンチックな週末、ハイキング旅行、健康のための休暇、どんな機会にも - 古城ホテルおよび併設のユーゲントシュティール様式ヴィラのロマンチックホテル・ラインフェルス城で日常を離れてリラックスできます。ザンクト・ゴアールのライン高台にあるドイツでもっとも大きな城郭にある当古城ホテルから、ユネスコ世界遺産の雄大なローレライ渓谷を一望に収められます。

美しい景色のラインラント地方の真ん中、ローレライとライン山の道に臨み、ブドウ畑と森に囲まれたホテルレストランの「ラントガストハウス・ブリューヒャー」。それぞれに個性ある部屋に宿泊し、休養と自然を満喫できます。新鮮な創作地方料理、野鳥獣のスペシャル料理をお試しください。

他を表示