• 0
名物を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
バイエルン産ビール
ハイドシュヌッケの群れと遭遇
ヘッセンのアップルワイン
ブドウ園で楽しむワイン
ザクセン・アンハルトのハローレンクーゲル
ヘルゴラント島の玉子入りグロッグ
ミュンスターラントの新鮮なアスパラガス
港で楽しむ東フリースラントのお茶
グリューネゾーセ
バーデン・ヴュルテンベルクの「ホウキのレストラン」で楽しむワイン
Dresden's Christstollen
バーデン・ヴュルテンベルクのプレッツェル
リューベックのマジパン

美味しいドイツの味。

お祭りやイベントにビールやブラートヴルストが欠かせないのは当たり前。けれどそれは、ドイツを訪れる人々を待っている味わい深い大きな世界のほんの一部に過ぎません。ドイツ全土に広がる食を発見する旅へと出かけましょう。グルメ体験・味覚体験におけるその多様さに驚かれること請け合いです。

フランクフルタークランツはリングの形をしたバタークリームのケーキで、パウンドやスポンジなどの生地を何層か重ねて作られ、戴冠式が開催された町、 フランクフルト を象徴しています。その丸い形は王冠を、ケーキの周りにちりばめられたクロカントは金の色を、上に乗せられた赤いチェリーは王冠を飾るルビーをそれぞれ表しています。1735年に初めて文書に登場して以来、今なおフランクフルトでのコーヒータイムには欠かせないケーキです。 続きを読む »

イエーガーマイスターはハーブリキュールで、ニーダーザクセン州にあるヴォルフェンビュッテルで生産・瓶詰めされています。同社の拠点もそこにあります。イエーガーマイスターのレシピは 1934年から受け継がれています。1970年代初めにイエーガーマイスターの輸出が始まり、現在では、世界 80カ国を超える国々に出荷されています。基本材料である合計 56種のハーブはヴォルフェンビュッテルの本社工場だけで栽培されており、ここでは工場見学も実施されています。 続きを読む »

ドイツでは合計 13の地域でワインが生産されており、多種多様な味わいを提供しています。その中でも風景の美しさで群を抜くのは、ローレライがあり、ユネスコ世界遺産にも登録されているライン渓谷中流。一方、ワイン生産地域として最も広いのがラインヘッセンです。どちらもラインラント・プファルツ州に属しますが、同州には合計6つのワイン生産地域があり、名実ともにドイツ一のワイン産地と言えるでしょう。毎年ドイツ・ワイン収穫祭で選出されるドイツ・ミスワインへの王冠の授与も、この地域で行われています。1950年から始まったミスワインには若い女性が選出され、1年間、世界中でドイツワインの大使を務めます。ただし、現在に至るまで、ローレライという名のミスワインはいませんでしたが。 続きを読む »

その年の初物ワインが飲まれる時期になると、ワイン生産地域で雨後の筍のようにあちらこちらで発生するもの。それが、ホウキのレストランです。バーデン・ヴュルテンベルクではワイナリーが直接経営しているものがほとんどで、一年間で営業しているのはたったの数週間。納屋や地下室、ガレージを利用しているものも多くあります。建物の前に掲げられた柴のホウキがシーズン到来を告げ、客を招きます。ヴュルテンベルクで「ホウキのレストラン」または「ベーザ」と呼ばれるこれらレストランは、バーデンでは「シュトラウセン」または「シュトラウシ」という名で知られています。 いずれにしても、他では味わえない独特の雰囲気を味わうことができます。 続きを読む »

牛、羊、山羊の乳から生産されるシュレースヴィヒ・ホルシュタイン産チーズの種類は、実に 120を超えます。その多くが、伝統と新しさを併せ持つレシピによって手作りされています。全長 500キロメートルを超える シュレースヴィヒ・ホルシュタイン・チーズ街道 は、この味わい豊かな乳製品に関連するお店やイベントを州全土にわたって結び付け、さらに、多くの観光スポットや、シュレースヴィヒ・ホルシュタインの美しい風景をたどる道です。 続きを読む »

1804年、 ハレ にお菓子とハニーケーキを焼く小さなお店が開かれました。それが、ハローレン工場の始まりで、現在まで生産を続けるドイツ最古のチョコレート工場です。一方、同社で最も有名なプラリネの歴史は意外に浅く、最初にハローレンクーゲルが生産されたのは 1952年のことでした。その丸い形が、当時ハローレンと呼ばれた塩職人たちの上着の銀ボタンに似ていたことから、この名前が付けられました。そのため、ハローレンクーゲルを塩と一緒に食した、というのは、しかし、伝説にすぎません。チョコレート作りについてもっと知りたい方には、同社のチョコレート博物館がお勧めです。 続きを読む »

本場ハルツ産の製品とサービスには、「いかにもハルツ」を意味する「テューピッシュ・ハルツ」の地域ブランドが記されています。地域のアイデンティティ、品質、サスティナビリティが本ブランドの3本柱となっています。 ハルツ の有名な名産品のひとつに、ハルツ産チーズが挙げられます。クワルクと呼ばれる凝乳から作られるこのチーズは、たんぱく質を豊富に含む一方、脂肪分が低く、非常に健康的な食物です。 続きを読む »

ラプスカウスは北ドイツを代表する料理で、今日ではグルメ料理とされています。その昔、船乗りたちにとって、帆船で食料品を長期間新鮮に保つ術はありませんでした。しかし、塩漬けした牛肉と赤ビーツの漬物、玉ねぎ、ジャガイモのペーストなら長期間保存ができたのです。この料理にまつわる伝説と物語は無数にあります。北海の町、ヴィルヘルムスハーフェンでは、毎年、世界最大のラプスカウス祭りが催されています。 続きを読む »

他を表示