• 0
選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
The Württemberg wine region, Besigheim

ワイン生産地域ヴュルテンベルク:赤ワインのバラエティ。

ヴュルテンベルク地域の赤ワインの割合は80%におよび、赤ワイン生産量ではドイツ最大の地域です。ブドウ栽培面積の71%は傾斜地と急傾斜地にある畑で、勾配が20%になるところもあり、作業にはもっとも手間のかかります。ヴュルテンベルクの特徴は品種の多いことです。ランベルガー種とトロリンガー種はほぼここだけで栽培されています。他のワイン生産地域でますます重要性を増している新しい品種、たとえばドルンフェルダーは、ヴュルテンベルクで開発した品種です。

地域の特色

ブドウ栽培面積とブドウ品種

気候

ブドウ栽培業者と協同組合

メンタリティ

ワイン生産地のハイライト

家族経営のホテル・ザウッターの50余りのホテルルームは、バス・シャワー、トイレ、電話、衛星TV、無線ランが完備。部屋のデザインは各部屋で異なり、料金は四つのカテゴリーに分かれています。お食事にはシュワーベン料理や国際料理を用意し、美味なワインを揃えています。

牧歌的なワイン名産地ボイテルスバッハにワインの町のホテルがあります。ホテルルームはすべて広く快適です。レストラン・クローネではシュワーベン地方料理とフランス料理を味わえます。新鮮で本物の自然食材だけを使用しています。シュワーベン風ウィークエンド:宿泊、朝食付き、四分の一リットルワイン付きシュワーベンディナー。

この地方ではブドウ搾りの建物が道を示しています:エーリンゲンとプフェーデルバッハの間にはかつて八つのブドウ搾汁所がありました。牧師のプレス、しじゅうからのプレス、杜松のプレスなどと呼ばれ、そのほとんどはなくなってしまいましたが、ブドウ搾り機の石が往時を思い起こさせます - 昔のスポットを結ぶハイキングコースが設けられています。

シャンペンのブランドのヴーヴ・クリコが個人的に名親となりました:1826年7月1日、ネッカル川畔の町エスリンゲンのゲオルク・クリスティアン・フォン・ケスラーは、ドイツで最初のゼクト醸造所を設立しました。この企業家はシャンパーニュ地方でシャンペン造りを習得しました。創業してから10年でケスラーは約50万本のボトルを販売しました。

他を表示