選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
『ディズニー・ミュージカル ターザン』

『ディズニー・ミュージカル ターザン』

ハンブルクの中心部で『ディズニー・ミュージカル ターザン』が、ジャングルへの忘れがたい旅へと誘います。うっとりするような照明効果、息を呑むような振り付け、そしてフィル・コリンズの音楽……ステージ・テアター・ノイエ・フローラでは、自身のルーツを探し求めて、情熱的な愛を見いだした、一人の若者のストーリーが展開されています。

光きらめくジャングルの中、鳥がけたたましく啼きだし、ターザンとその仲間が、まるで重力など存在しないかのように、ツルからツルへと飛び移って、茂みから太鼓の音が鳴り響き、遠くに潮騒が聞こえると、ステージ・テアター・ノイエ・フローラ (ハンブルク) の2,000人近い観客は、自分たちまでジャングルの中にいるような錯覚に陥ります。原生林を模した完璧な舞台装置の中、『ディズニー・ミュージカル ターザン』は、大人にも子供にもよく知られたストーリーを紹介しています。ゴリラに育てられたターザンは、自身の家族を捜し求める中で、美しい女性ジェーンと出会います。それは、全く異なる世界に生きる2人の愛の始まりであると同時に、突然訪れた人生の岐路でもありました。

24人のアクターたちが、突然観客席の上に現れては、ホールの端から端まで、息を呑むような速さで飛び移っていきます。このサーカスさながらのアクションと共に、心揺さぶるような音楽 ─ グラミー賞7回受賞のフィル・コリンズによるもの ─ やジャングルの完璧な再現が、2,000人の観客に大都会の中にいることを忘れさせます。ここでは週8回、ジャングルのリズムが観客の鼓動と同調しています。

イベント

The collections at the State Gallery in Baden-Württemberg's regional capital Stuttgart have been shaped by their roots in Württemberg's history but also by the international approach the gallery has adopted since the Second World War. Opened as the Museum of Fine Arts in 1843, the gallery became the New State Gallery in 1984, occupying a striking new building designed by British architect and Pritzker prize winner James Stirling.

The New State Gallery houses a collection of international standing that spans eight centuries. Art from 1800 to 1900 and works from the 20th century provide the main areas of focus. The 19th century is featured in paintings by Caspar David Friedrich, Anselm Feuerbach, Édouard Manet, Pierre-Auguste Renoir, Camille Pissarro, Claude Monet and Paul Cézanne. From the 20th century there are outstanding individual works and important ensembles by Paul Klee, Max Beckmann, Pablo Picasso, Oskar Kokoschka, Willi Baumeister, Oskar Schlemmer, Hans Arp, Georg Baselitz and Anselm Kiefer. Post-1945 art is also represented by works of International Abstraction, Pop Art, Concept Art, Minimalism, Land Art and new movements that have emerged since 1980.
The collection is complemented by works from earlier periods, from Old German Paintings from 1300 to 1550, Italian paintings from 1300 to 1800, Dutch paintings from 1500 to 1700 – including works by Rubens and Rembrandt – through to German paintings of the baroque era.
The Department of Prints and Drawings includes examples from every country in Europe and every artistic era since the Middle Ages.

開催予定:

07.06.2019 - 20.10.2019

11.10.2019 - 02.02.2020

開催地

Staatsgalerie Stuttgart
Konrad-Adenauer-Straße 38
70173 Stuttgart

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す