• 0
選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

ヘルベルト・グレーネマイヤー:モラルの裁判官

彼の真摯で、責任感が強く、オープンな性格は、幅広い共感を呼んでいます。グレーネマイヤーは、大ヒット・アルバム『Mensch』 (2002年) 以降も、ドイツ国内で3曲のナンバーワン・ヒットを飛ばしました。その中には、2006年ワールドカップ・ドイツ大会のための曲「Zeit, dass sich was dreht」が含まれます。

彼はゲッティンゲンで生まれ、ボーフムで育ちました。ヘルベルト・グレーネマイヤーは、ボーフムの劇場で舞台音楽家や俳優としてのキャリアをスタートし、1976年には音楽監督になります。その後、アルバム『4630 Bochum』 (1984年) でミュージシャンとしてもブレイクしました。当時ドイツ国内でこのアルバムより売れたのは、マイケル・ジャクソンの『スリラー』だけでした。以来、グレーネマイヤーのスタジオ・アルバムは、ドイツ国内チャートで常に第1位に輝いています。80年代には、『U・ボート』や『哀愁のトロイメライ クララ・シューマン物語』、『愛と野望のドイツ家』といった作品に出演し、俳優としても注目を集めました。また、映画『ラスト・ターゲット』 (2010年、ジョージ・クルーニー主演) では、グレーネマイヤーがサウンドトラックを担当しています。