• 0
選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
2つの大陸で成功を収める:クルト・ヴァイル

2つの大陸で成功を収める:クルト・ヴァイル

クルト・ヴァイル (1900-1950) の最も有名な作品は、たとえ技巧上 “誤った” 作曲法を試みたとされようが、1928年の『三文オペラ』に間違いありません。この作品は、1932年までのわずか数年間に、18の言語に訳されました。

クルト・ヴァイルは、1898年以来父親がシナゴーグの音楽監督を務めていた、デッサウで生まれました。このためデッサウでは、数日間のクルト・ヴァイル祭が毎年開催されています。さらにデッサウでは、ファイニンガー・ハウス内のクルト・ヴァイル・センターやクルト・ヴァイル記念碑が、市の “偉大なる息子” を思い出させています。

彼が初めて楽長の職に就いたのはリューデンシャイトで、まだ19歳の時でした。現在は当地の記念プレートが、この事実を伝えています。ヴァイルは1920年代のベルリンで、オペラのリメイクによって成功を収めました。ゲオルク・カイザーやイヴァン・ゴル、ベルトルト・ブレヒトといった同時代の詩人たちが、彼のためにリブレット (台本) を書きました。しかし、アヴァンギャルドでユダヤ系で左翼だったヴァイルは、ナチスの絶好の標的になってしまいます。1933年に彼はドイツを離れ、二度と帰ることはありませんでした。

驚くべきことにヴァイルは、ニューヨークのブロードウェイでも成功を収めます。彼は、ここでもドイツ人のパイオニアとして活躍しましたが、それは極めてアメリカ的なスタイルによってでした。これら2つの時期に生まれた多数の曲が、現在アメリカの “スタンダード” になっています。