選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』

アンドリュー・ロイド・ウェバーのオリジナル演出によるミュージカルが、ドイツで25周年を祝います。全世界で1億3千万人以上の観客動員を記録し、国際的な賞を50以上も獲得するなど、世界で最も成功を収めたミュージカルが、オーバーハウゼンのステージ・メトロノーム劇場で上演されるのです。大がかりな舞台装置、豪華で細部にまでこだわった衣装、そしてアンドリュー・ロイド・ウェバーの世界的に有名な歌曲による傑作は、忘れられない体験になることでしょう。

『オペラ座の怪人 (ドイツ語タイトル DAS PHANTOM DER OPER)』は、1881年のパリへと観客を招きます。パリのオペラ座の地下深い場所では、謎に包まれたファントム (オペラ座の怪人) が、不気味で孤独な生活を送っていました。この逞しくて神秘的な人物は、人々から怖れられ、醜い顔を仮面で隠していたのです。ファントムは、バレエの踊り子であるクリスティーヌに恋し、クリスティーヌはファントムの助けによって、パリのオペラ座のスターになります。そしてクリスティーヌは、ラウル・シャニュイ子爵に思いを寄せながらも、ファントムの陰りのある魅力に惹かれ、地下の世界へと足を踏み入れるのです。こうして2人の男は、美しいクリスティーヌの心を射止めるために、パリのオペラ座の地下で火花を散らすことになります。

現代において最も有名なラブストーリーに数えられる作品が、ファントムの神秘的で美しい世界へと観客を誘います。この作品は、傑出した演出によってミュージカルの歴史に名前を刻むと同時に、そのドラマチック/情熱的/ロマンチックな要素によって、観るものを熱狂させてきました。