• 0
選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
ヴュルテンベルク室内合唱団:現代の曲に息吹を

ヴュルテンベルク室内合唱団:現代の曲に息吹を

難易度の高い、類い稀なレパートリーが、ヴュルテンベルク室内合唱団を有名にしました。この合唱団は、様々な音楽祭や公演旅行で、現代作品を合唱する際の基準というべきものを繰り返し示しているのです。

ヴュルテンベルク室内合唱団は、1970年にシュトゥットガルトで結成されました。合唱団自体が「セミプロ」と称しているにも関わらず、得意分野では最高の合唱団に数えられています。混声合唱団のレパートリーは、シュッツやシャイン、バッハから始まり、大胆にも重点を19世紀と20世紀に置いています。その中には、ユン・イサンやディーター・シュネーベルの作品の初演、ショスタコーヴィチの交響曲第13番 (男声合唱付き) 、プーランクの歌曲集「人間の顔」のクロスオーバー・プロジェクトなどが含まれます。フーゴ・ヴォルフの合唱曲や歌曲でも高い評価を受けています。