• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
オッフェンバッハ-成功へわが道を行く

オッフェンバッハ-成功へわが道を行く

オッフェンバッハと フランクフルト が友好的な隣人でありたいとは、なかなか言えません。 相手の町の存在は、歴史の馬鹿ないたずらであるという侮辱的なジョーク、かみつくような皮肉と確信に見られる競争関係です。 とくに隣町のサッカー協会に当てはまることです。

産業文化と手工芸

フランクフルトはその昔オッフェンバッハに属していたと書いてある文書を証拠として見つけられる、と今も信じています。 証明されてはいませんが、オッフェンバッハとフランクフルトは本当に正反対の町であることは、多分当たっているかもしれません。 フランクフルトとは異なりオッフェンバッハでは明確なブルジョワ産業文化が発展し、専門の博物館を訪ねるとそれが理解できます。 たとえば皮革博物館がありますが、オッフェンバッハの皮革加工の長い伝統から生まれた博物館です。 クリングスポール博物館は、ペーター・ベーレンスや有名な活字デザインのボドーニによる活字便覧など、国際的な書籍の装丁や活字芸術を展示しています。 この博物館の土台はカール・クリングスポールの収集品と、1938年にニューヨークに移民したオッフェンバッハの人物ジークフリート・グッケンハイムのコレクションです-今日でもよい響きの名前です。 1800年にオッフェンバッハでリトグラフィーのアートが発明され、以来オッフェンバッハはグラフィック産業の中心地となっています。 有名なオッフェンバッハ・デザイン単科大学、およびデザイン、印刷、グラフィック、フィルムに関連する900の企業により、オッフェンバッハはドイツのもっとも重要なクリエイティブセンターのひとつになりました。

天気予報士と有名なビジター

ドイツ気象台には創造性より正確さが問われますが、1952年よりオッフェンバッハに本部を置いています。 その活動は事後に注意を向けられることが多いのですが、近郊レクリエーション地域、テーマパーク、野外博物館が一緒になったオッフェンバッハの気象公園を訪れることをお勧めします。

ニコロ・パガニーニはここで作られる弦を買うため、ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルトは楽譜を出版するために、多くの創造的芸術家も発展するオッフェンバッハを何回も訪れています。 ゲーテも頻繁にオッフェンバッハを訪れましたが、その理由は少し別で、許嫁がここに住んでいたためです。 現代美術のローゼンガルテン美術館などのオッフェンバッハの美術館博物館、産業革命時代の建物の界隈、アルプス以北でもっとも重要なルネッサンス様式建造物のひとつイーゼンブルク宮殿、立派な教会、公園があり、一度は訪れてみる価値のある都市です。

イベント

The Schirn building itself is a bit like a modern art work in the heart of Frankfurt's old quarter, a light, angular design contrasting with the grand, red sandstone cathedral and the Römer, the old town hall. This art gallery lies in the heart of the city – and is an important focal point in Frankfurt's cultural life. It is also one of the most celebrated galleries in Germany and in Europe.

Schirn is the Hessian word for a structure such as a hut or a shed, but this belies its significance in the world of art. Since opening in 1986, the Schirn has staged some 200 exhibitions. It has no collection of its own but organises temporary exhibitions and projects on selected themes or the work of individual artists. The themed exhibitions have made most notable contribution to the gallery's international reputation, for instance Viennese art nouveau, Expressionism, Dadaism and Surrealism, the history of photography and subjects such as 'shopping – art and consumerism', and the visual art of the Stalin era. Major retrospectives have honoured artists such as Wassily Kandinsky, Marc Chagall, Alberto Giacometti, Frida Kahlo, Bill Viola, Arnold Schoenberg, Henri Matisse and Julian Schnabel.

Taking a stance on topical themes and aspects of artistic creation can be said to be the Schirn's hallmark. It aims not only to engage visitors in a meaningful exhibition experience but also to encourage active participation in the cultural discussion.

開催予定:

13.02.2020 - 24.05.2020

開催地

Schirn Kunsthalle
Bendergasse
60311 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

Every two years, the Luminale biennial attracts around 140,000 visitors to Frankfurt city centre. 

Originally a fringe event for the international Light+Building trade fair at Frankfurt Exhibition Centre, it became increasingly popular in its own right. The streets, squares, skyscrapers, churches, museums and galleries of the city are presented in a completely different light and captivate visitors with spectacular and often interactive installations.

開催予定:

08.03.2020 - 13.03.2020

開催地

Innenstadt Frankfurt
Karmelitergasse 1
60311 Frankfurt am Main

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。
This meeting point for international media is a major cultural event. The publishing and media sector is innovative, varied and international like nowhere else. This year, Canada is the guest of honour.

開催予定:

14.10.2020 - 18.10.2020

開催地

Centre de conférence à Francfort-sur-le-Main
Ludwig-Erhard-Anlage 1
60327 Frankfurt

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す