• 0
都市を選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
森、畑、工業史:ラーティンゲン

森、畑、工業史:ラーティンゲン

ラーティンゲンは四つの古いベルギッシュ地方主要都市のひとつで、広大な森や牧草地、野原が市の面積の75パーセントを占め、ライン川、ルール川、ヴッパー川流域の活気ある諸都市にとっていわゆる緑のハート、動じない頼りになる柱の役を果たしています。 自然、文化、産業史を巡る体験

小さな姉の誇り。

ラーティンゲンはすでに1276年にベルク伯から都市権を獲得したので、大きな姉妹都市 デュッセルドルフより年上の姉さんと言うことができます。 それが自慢となるかどうかは、町を訪ねるとおのずと分かりますが、りっぱな土塁や古い建物、マルクト広場は、9世紀よりこの町が果たしてきた独自の役割を証明しています。 見どころとしては水城の「ハウス・ツー・ハウス」、リンネップ宮殿、ランツベルク宮殿、聖ペーター・パウル教会があり、すべて12,13世紀に造られたもので、 さらに木骨組の家「ツーム・ローテン・ハーン」赤鶏亭や、産業史上重要な遺産である1783年のクロムフォード織物工場があり、欧州大陸最初の機械式木綿紡績工場でした。

博物館の人形と世界的な美術品収集

ラーティンゲンは現代の文化とレジャーのプログラムを豊富に用意しています。 市劇場では有名な劇団の客演があり、アーチストと地方の文化は「テント・タイム」演芸祭りで出会い、夏にはブラウアー湖野外ステージで公演があります。 人形博物館には、1850年以降にドイツとフランスで作られた人形があります。 博物館では人形のルイーゼが誕生日を迎えた子供を案内し、祖母、曾祖母の生活を分かりやすく説明します。 「隠れた命を探す」を標語に市の美術館は、ヨーゼフ・ボイス、アルヌルフ・ライナー、アントニ・タピエス、サイ・トゥウォンブリー、ウゴ・ドッシ、ジュリアン・シュナーベル、クリスティァン・ルートヴィッヒ・アッターゼーといった世界的な芸術家の作品を収集し展示しています。

ラーティンゲンにあるクンストヴェーク芸術の道も同じように見応えがあり、デュッセルドルフとメットマン郡とオランダの間にある文化地域を新たにネットワークすることを使命としています。 クンストヴェークは全市区域を通っています。 東はレクリエーション公園ヴォルカルダイ、東は有名な巡礼地ネフィゲスに近いアンガー渓谷、それに人類の歴史に重要なネアンデルタールがコーナーポイントとなります。 クンストヴェークは長さ約11km、さまざまな風景の中を通り、十人の芸術家の彫刻が展示されています。

イベント

The fact that Düsseldorf, North Rhine-Westphalia's region capital, has an art museum of international renown today is thanks to the former Elector Palatine Johann Wilhelm II, who began to build an art gallery here in 1710. A generous patron, he was able to bring numerous artists to the court and transformed the city into a European centre for art. Although the Kunstpalast Museum itself was only founded in 1913, it would not be what it is today had the Elector not been such a passionate collector of art.

The museum underwent two major renovations to reach its current form – from 1925 to 1926 to plans by architect Wilhelm Kreis and in 1999/2000 to plans by Oswald Mathias Ungers. The building now provides an exceptional setting for its painting collection, which focuses on Old Masters, paintings of the 19th century and the modern age and paintings and sculptures from the Middle Ages to the present day. These works are complemented by arts and crafts, design, graphic art and a renowned glass collection. Among the collection's masterpieces are 'The Ill-matched Pair' by Lucas Cranach the Elder, 'Landscape with Tobias and the Angel' by Jan van Scorel, 'Flight into Egypt' and the famous 'Cross on the Mountain' by Caspar David Friedrich. The section on Modernism features important works from the early 20th century by Paula Modersohn-Becker, Wassily Kandinsky, Walter Ophey, Franz Marc, August Macke, Otto Dix, Emil Nolde and Ernst Ludwig Kirchner.

開催予定:

19.05.2019 - 01.09.2019

開催地

Museum Kunstpalast
Ehrenhof 4
40479 Dusseldorf

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す