• 0
選択
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
アルゴイ地方のカウベル
エンスドルフ・デュハメル炭坑にある蒸気式巻き上げ機
ハローレンたちの実演により、塩水から塩を生産する工程から包装までの様子を紹介します。
ブレーメンのメルセデスベンツで工場見学
ゾーリンゲン産ナイフの刃
童話を集め、言葉を研究したグリム兄弟
エルツ山地の民芸品を代表する、くるみ割り人形
黒い森、ボレン帽子をかぶった女性
エルツ山地で伝統を誇るグリューンハイニヒェンのヴェント&キューン社、看板製品は 11個の水玉模様が描かれた天使
ハンブルクの航海博物館
バイエルン州オーバーアマガウのフレスコ壁画
シュトラントコルプと砂の城がある海沿いの風景
伝統豊かなガラス工房

必ず道理に適っている。

ドイツでは多くの古い伝統が、小さな工房やアトリエ、手工業を営む工場で愛情深く守り育てられ、世代から世代へと受け継がれています。手工業と芸術の境界がはっきりしないことも往々にしてあります。伝統的な職人たちの働く姿をその目で確かめれば、古い巧みな技が実はとても近代的なものであることに驚かれることでしょう。

ドイツ南西部の都市、メットラッハにそびえる、きらびやかなバロック様式の旧修道院。ここに本社を構えるビレロイ&ボッホ社では、260年を超える歴史が今も息づいています。体験型ミュージアムでは、歴史上の様々なシーンを伝えるケラビジョン、モダンなテーブルウェア、陶器ミュージアム、1892年当時の様子そのままを伝えるミュージアムカフェが、思い出に残る貴重な時間を提供します。ミュージアムカフェを絵画のように彩る内装では、1万5千枚を超える手描きのタイルが 19世紀の様式に習って製作されました。 続きを読む »

ドイツの中で最も多様な民族衣装を有するのがヘッセン州だという事実は、ほとんど知られていません。ただひとつ、シュヴァルム地方の独身女性がまとう民族衣装だけは、グリム兄弟の童話『赤ずきんちゃん』により、世界の人の知るところとなりました。中でも、毎年6月に開催される ヘッセン祭り では、伝統が息づく多彩な民族衣装を実際に体験することができます。今日では、多くの民族衣装グループが伝統的習慣の保存に努め、また、今でも毎日シュヴァルム地方の民族衣装を着用している女性たちも存在しています。 続きを読む »

ロストックに暮らす宮廷御用達のかご作りマイスター、ヴィルヘルム・バルテルマンが 19世紀に考案したと言われている、かご型ビーチチェア、シュトラントコルプ。その様相は当時からほとんど変わっていません。籐チェアの部分は今なお手作業で製作されています。北海およびバルト海のドイツ側ビーチには、必ずと言って良いほどシュトラントコルプが設置されており、海水浴客を風や日差しから優しく快適に守ってくれます。一方、快適ではありませんが、とても愉快なのがシュトラントコルプ・レース。 バルト海のウーゼドム島 にある町・ツィノヴィッツで開催される冬のシュトラントコルプ祭りで伝統の行事となっています。2人組の各チームが、重さ60キロにも及ぶシュトラントコルプを、20メートル以上も先のゴールまで運ぶ競技です。 続きを読む »

シュプレーヴァルトの刺繍はもはや芸術の域に達しています。一刺し一刺し、ソルブの民族衣装にカラフルな模様が描かれていきます。その色彩豊かな民族衣装がどのように作られるのか、そして、それがどれほど根気のいる作業であるのか。ブルクにある民族衣装刺繍工房などで学ぶことができます。ここでは、民族衣装の各部および一式、民族衣装を着た人形やお土産品が一つひとつ手で作られています。刺繍機では垂れ幕や絵、さらに、希望の文字をあしらったモノグラムなどが製作されます。 続きを読む »

色彩豊かな刺繍が施されたスカーフ、色鮮やかなスカートなどがシュプレーヴァルトの民族衣装に数えられ、今日でも祭日にはソルブの女性たちに着用されています。使用されている色にはそれぞれ意味があり、未婚の女性は赤いスカートを、既婚の女性は緑のスカートをはくことになっています。黒いスカートは教会へ礼拝におもむく際に着用するものです。異なる頭巾は、その女性の出身地域を示します。最近では、モダンな女性デザイナーたちが民族衣装にヒントを得、女性および男性のための民族衣装を独自の解釈でデザインしています。 続きを読む »

オーバーラウジッツ地方の文化と歴史は、ソルブ人と非常に深く関わっています。最も小さなスラブ民族であるソルブ人の習慣や文化、そしてその暮らし方が、この地域と年中行事の特色をなしています。一年を通し、その風習や伝統を体験する機会が豊富にあります。特にこれら行事では、様々な地域で祝祭用の民族衣装が着用されますが、そのひとつに挙げられるのが復活祭です。 続きを読む »

海事博物館と ハンブルク 。切っても切れない関係です。ハンザ都市ハンブルクに来てクルージングを体験しないなんて考えられませんし、海と航海にまつわる様々なテーマに夢中なら、ハンブルクの 国際海事博物館 は絶対に外せません。埠頭倉庫 B という歴史的建物に居を構える海事博物館は、発見者や征服者たち、船乗りや船長たちについて語り、訪れる人を人類 3000年の歴史をたどる探検へと誘います。 続きを読む »

ハレ (ザーレ川)の町の起源は豊富な塩泉によります。1491年、当時ハローレンと呼ばれた塩職人たちは「ハレの谷に暮らす塩職人友愛の会」を結成しました。この会の会員が、その祖先の歴史と伝統を今なお守り続けています。ハローレン・製塩所技術博物館では、昔から変わらぬ伝統的な手法に従い、ハローレンたちが塩水を煮て塩を生産しています。年に数回、特定の日には、その仕事ぶりを見学することもできます。 続きを読む »

他を表示