• 0
世界遺産全物件のA~Z
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
Fagus Factory in Alfeld

アールフェルトのファグス工場

後にバウハウスの花形建築家となるヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーによって、1911年に建設されたファグス工場は、近代建築の原点と見なされています。 ここでは、ノイエス・バウエン様式の構造上の特徴 ─ 「ガラスと鋼鉄によるファサード」と「支柱を用いずにガラスのみで覆った角」 ─ が、建築複合体に軽やかなエレガンスをもたらしているのです。

2人の建築家は、伝統から脱却した、全く新しいスタイルで、中小企業の工場を建設しました。 この機能主義的な産業建築複合体は、1911年以降の3度の工事で造り出されたものです。その際グロピウスは、平面的な構成においては、すでに建築家エドュアルト・ヴェルナーが作成していた、設計図を利用することができました。 それぞれの建物は、用途に応じてデザインされています。 たとえば、倉庫を頑丈な鉄骨構造にする一方で、生産棟はファサードを広くガラス張りにして、明るくて作業しやすい環境を創り出しているのです。 と同時に、角に支柱を設けずにガラス製カーテンウォールだけで覆った、グロピウスのデザインは、近代建築におけるラーメン (骨組) 構造の始まりを告げるものでした。 流行に左右されず、気品に満ち、近未来的な趣さえある生産棟は、100年後も本来の機能を保ち、今日では20世紀産業文化を代表する “サクセスストーリー” とされているのです。 この建物の中では、現在もファグス靴型が製造されています。 もっとも材料として用いられているのは、もはやブナ材 ─ ちなみにファグスは「ブナの木」のラテン語名 ─ ではなく、1970年代からは合成樹脂です。 工場の生産エリアに設けられたファグス・グロピウス展には、たくさんの人が訪れます:ここでは、企業の歴史や世界遺産としての側面、バウハウスの歴史、靴の流行、自然、さらにはファグス工場における技術と人間といったテーマが、3,000平方メートルのスペースで詳しく紹介されているのです。 グロピウスが設計した建物は、今日ではハノーファー近郊のアールフェルト周辺地域 ─ あるいはもっと広い範囲 ─ で、文化生活の主要拠点に数えられています。

旅行情報&サービス

ファグス・グロピウス展:毎日10:00-16:00

ファグス・ギャラリー (&特別展) :毎日10:00-16:00

公式ガイドツアー:土曜日12:00

リンク:

www.fagus-werk.com