• 0
世界遺産全物件のA~Z
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
Potsdamer Schlössernacht;Sanssouci

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群

美しいポツダムの街は、非常に豊かで魅力的な文化的景観をまとっています:広々とした公園や厳かな並木道、さらには18~20世紀の建築物150余りが結びついて、他に類を見ないレベルの文化財を形成しているのです。 これらは、隣接するベルリンの建築記念物と共に、1990年にユネスコ世界遺産に登録されました。

その始まりは、フリードリヒ大王が夏の離宮としてサンスーシ宮殿を建造させた、1745年まで遡ります。 つまり、サンスーシ宮殿は「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」における、最古の部分になるのです。

この建築アンサンブルは、はやくも1989年には東ドイツ (DDR) によって世界遺産に推薦されます:この時には、サンスーシ宮殿&庭園の他に、バーベルスベルク宮殿&庭園やグリーニケ狩猟館、ザークロウ宮殿&庭園、ポツダム北部の新庭園 (ハイリゲンゼー湖畔の大理石宮殿とツェツィーリエンホーフ宮殿を含む) などの物件が対象になっていました。ちなみにツェツィーリエンホーフ宮殿は、1945年にポツダム会議が開催された建物です。 そして1999年には、有名なバーベルスベルク天文台 ─ ユーゲントシュティール (青年派様式) による建築物 ─ などが拡大登録されました。

これらユネスコ世界遺産物件の総面積は、2000ヘクタール以上にも及びます。 ポツダムの歴史的な地区としては、世界遺産に含まれるロシア人入植地アレクサンドロフカの他に、赤いレンガの建物が並ぶオランダ人街、かつてボヘミア人が住んでいたヴェーバー地区などが見どころとして挙げられます。また、歴史的な見どころという点では、有名なバーベルスベルク・スタジオも同様です。 類い稀な風景や建築物が格好の舞台背景になることから、1911年以来ここでは世界レベルの映画が製作されてきました。 たとえば『嘆きの天使』や『ピアニスト』、『80日間世界一周』、そして最近では『イングロリアス・バスターズ』といった作品が撮影されています。

旅行情報&サービス

それぞれの宮殿・庭園の開館・開園時間については、ベルリン=ブランデンブルク宮殿・庭園財団のウェブサイト www.spsg.de を、ロシア人入植地アレクサンドロフカについては www.alexandrowka.de をご覧ください。

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „宮殿と庭園“ を構成しています:

ユネスコ世界遺産:

他の訪れる価値のある都市:
ルート „宮殿と庭園“ の概要へ
イベント

Potsdam International Theatre Festival – Unidram – is one of Europe's most important festivals for independent theatre. 

Every year around 15 hand-picked theatre ensembles from European countries gather in Potsdam for nine days. Through their performances, night cafés, concerts and parties, they are immersed in an intense artistic dialogue between themselves and the mostly young audiences. This interaction gives the festival a phenomenal buzz.

開催予定:

29.10.2019 - 02.11.2019

開催地

T-Werk, Internationales Theaterzentrum
Schiffbauergasse 4E
14467 Potsdam

料金や期日、開館/開場時間についての情報は、いずれも保証のかぎりではありません。

行事とイベント

イベントを検索
(ドイツ語と英語)
他の検索カテゴリー
すべて取り消す