• 0
世界遺産全物件のA~Z
A
  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
Prehistoric Pile Dwellings around the Alps

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群

ドイツ国内の杭上住居の遺跡は、バーデン・ヴュルテンベルク州のボーデン湖畔に9件、オーバーシュヴァーベン地方のアウクスブルク南郊とシュタルンベルク湖に9件あります。 これらの場所は、フランスやイタリア、オーストリア、スイス、スロベニアの93か所と共に、7000年ほど前に起源を持つ、考古学上の遺産を今に伝えているのです。

たとえば、フリードリヒスハーフェンの北に位置する、ボーデン湖畔の町ウンターウールディンゲンでは、水中の木杭が、かつてこの場所に家屋が建っていたことを証明しています。 この特徴ある住居群は、古代ヨーロッパにおける集落形態のひとつでした。 このような集落は、住人を外敵や猛獣から守ることになりますし、水域にも岸辺にも近いので、漁労と耕作が可能になるのです。 ウンターウールディンゲンの杭上住居博物館では、「裸足の小道」やインタラクティブな石器時代体験を含むルートが、類い稀なタイムトラベルへと誘います。ここでは、考古学上の発掘調査を基に、すでに1922年から杭上住居が何軒か再現され、小さな博物館 ─ とはいえ多数の出土品を所蔵していました ─ が設けられました。 今日では自然科学的分析のおかげで、集落の全建築物の構造を極めて正確に特定できますし、その歴史や取り巻く環境を詳細に描写することも可能です。 布地や丸木舟、荷車、車輪 ─ ヨーロッパ最古とされる紀元前3000年ごろの車輪がここで出土しています ─ は、新石器時代と青銅器時代、鉄器時代における、商業や農業、牧畜、モビリティについて貴重な知識をもたらし、古代の農村や漁村の生活について興味深い情報を伝えてくれます。 ウンターウールディンゲンの杭上住居博物館は、今日ではヨーロッパ最大の野外考古学博物館に数えられるまでになりました。 さらに、バート・ブーハウのフェーダーゼー博物館やコンスタンツの州立考古学博物館でも、私たちの祖先の歴史が生き生きと紹介されています。

旅行情報&サービス

ウンターウールディンゲンの杭上住居博物館

毎日開館

リンク: www.pfahlbauten.de

バート・ブーハウのフェーダーゼー博物館

毎日開館

リンク: www.bad-buchau.de

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群 は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „シュヴェービッシュ・アルプとボーデン湖、アルプスの間“ を構成しています:

ユネスコ世界遺産:

他の訪れる価値のある都市:
ルート „シュヴェービッシュ・アルプとボーデン湖、アルプスの間“ の概要へ