ベートーヴェンアニバサリーイベント

2021年9月まで延長決定

ベートーヴェン生誕250周年
祝祭は続きます

革命家、夢想家、コスモポリタン、そして最も頻繁に演奏されているクラシック音楽を作曲した作曲家の一人でもあるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、並外れた才能を持つ芸術家でした。今日に至るまで、彼の音楽は世界中の人々を結びつけています。#DiscoverBeethoven で、偉大な巨匠に影響を与えた、ドイツの場所や風景、ビジョンを発見しましょう。ベートーヴェンの足跡をたどることができます。素晴らしい経歴やプライベートなエピソード、傑出した出来事、新たな音の奇跡、意外な視点から、刺激を受けてみましょう。

ベートーヴェンアニバーサリーは2021年9月まで

ベートーヴェンの一生を追体験 ― さあ一緒に!

ベートーヴェンの足跡をたどる?それなら、ドイツの数多くの場所でできます!ボンにあるベートーヴェンの生家、「ベートーヴェン・ハウス」は、都市の象徴とも言うべき存在です。ここでは彼の生涯と作品を詳細に紹介しています。さらに、ニュルンベルクやライプツィヒ、レーゲンスブルク、フランクフルト・アム・マインなどの都市でも、ベートーヴェンの彫像や記念碑を見つけることができます。

ちなみに、2020年1月16日から2月9日までのボン・ベートーヴェン週間では、初めてベートーヴェンの室内楽全作品が演奏されます。

詳細情報

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン ― 音楽に捧げた人生

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、1770年のクリスマス前にボンで生を受けました。野心的な父親は、彼にバイオリンとチェロ、ピアノの初期音楽教育の基礎を授けました。信じがたいことに、ベートーヴェンは早くも7歳で演奏会に出演しています。そして、12歳で最初の音楽作品を発表し、1794年にはウィーンでヨーゼフ・ハイドンに弟子入りしました。ベートーヴェンは27歳で耳が聞こえなくなり始めますが、この時には既に市内で最も尊敬される作曲家の一人になっていました。後期作品の多くは「内なる耳」で聴くだけでしたが、それでも精力的に創作を続けました。ベートーヴェンが1827年にウィーンで亡くなると、埋葬には多数の市民が参列しました。

詳細情報

反抗的な天才 ― 人間ベートーヴェン

誇り高くて几帳面、無作法で癇癪持ち、親切で寛大な友人であり、フランス革命の熱烈な支持者。それもまた、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが持つ一面です。彼は交響曲第3番を『エロイカ』と名付け、ナポレオンに捧げるほどだったことを知っていましたか?もっとも、1804年にナポレオンが皇帝になると、彼は激怒してこれを取り消しています。また、パトロンである貴族の家系に特別な敬意を払うこともなく、エレガントな鬘より無頓着な長髪を好んでいました。ベートーヴェンは自然を愛しましたし、結婚こそしなかったものの、生涯を通じて女性が重要な役割を果たしています。忠実な恋人であり親友として、通訳として、あるいは世界的に有名な作曲家から献身的な愛を受ける対象として。

詳細情報

世界的に有名な音楽 ― ベートーヴェンの活動と作品

ベートーヴェンは、交響曲やピアノ協奏曲、弦楽四重奏曲、バイオリン協奏曲、オペラなど、340もの作品を後世に残しました。彼の音楽は、真摯で、劇的で、叙情的で、何より予測できないところがあり、しばしば時代を先取りしています。彼は、完璧主義者として、作品にたゆまぬ努力を注ぎました。また、革命家であり夢想家でもあった彼は、王侯の宮廷や貴族の邸宅のものだった音楽を、初めて市民のコンサートホールに定着させています。今日におけるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、世界で最も偉大にして最も演奏されている作曲家の一人であり、その作品の音楽的影響は凌ぐものがないほどです。ですから、彼の自筆譜資料が既に『ユネスコ記憶遺産』リストに登録されていることも、驚くことではありません。

詳細情報

海とアルプスの間 ― ドイツを旅したベートーヴェン

ベートーヴェンは、ドイツに印象的な足跡を残しました。音楽的にも、旅行者としても。彼の故郷は、丘陵地帯のライン渓谷中流およびジーベンゲビルゲにあるボンです。そして、8歳という柔軟な年頃に、演奏のためケルンに旅をしました。最終的にウィーンに至る、旅の滞在地には、コブレンツとリンブルク、フランクフルト・アム・マイン、ヴュルツブルク、ニュルンベルク、レーゲンスブルク、パッサウ、ミュンヘン、アウクスブルクが含まれます。1791年の夏には、雇い主だった選帝侯マクシミリアン・フランツと共に、ライン川とマイン川を船で移動する、アシャッフェンブルクへの小旅行にも赴きました。ちなみにベートーヴェンは、その5年後に極めて重要な大演奏旅行を行っています。それは、ドレスデンとライプツィヒを経て、ベルリンに至るものでした。そのハイライトとなったのは、国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世の御前での演奏でした。

詳細情報
  • B

    ボン出身コスモポリタンの一面を見てみましょう

    ...そして、ベートーヴェンとライン河畔の都市を結びつけるものを探し当ててください。

    続きを読む »
  • T

    音楽芸術家の一面を見てみましょう

    ...そして、ベートーヴェンの楽曲を音楽史における重要作品にしているものを知ってください。

    続きを読む »
  • H

    ヒューマニストの一面を見てみましょう

    ...そして、ベートーヴェンの価値が今日まで色褪せない理由を知ってください。

    続きを読む »
  • V

    夢想家の一面を見てみましょう

    ...そして、どのようにベートーヴェンが今日なお音楽の世界で生き続けているのか知ってください。

    続きを読む »
  • N

    自然愛好家の一面を見てみましょう

    ...そして、どのように自然がベートーヴェンに音と響きをインスパイアしたのか知ってください。

    続きを読む »

ベートーヴェン・ポッドキャスト
楽聖の足跡を訪ねるドイツの旅

ドイツにおけるベートーヴェンの”本場”はボンですが、2020 年と 2021 年はドイツ全体が「ベートーヴェンの国」となります。クラシック音楽の偉人、ベートーヴェンとともに、彼の世界に浸りましょう。このポッドキャストシリーズでは、ベートーヴェン誕生の街、ドイツ各地を巡った彼の旅だけでなく、今でもベートーヴェンを身近に体験できる数多くの記念碑や博物館を紹介します。

ドイツ各地にあるベートーヴェンのルーツを探す音楽の旅へようこそ。ドイツの多様性を音楽で聴いてお楽しみください!

No matches were found. Please amend your search criteria.
現在の表示: 件のヒット。

ベートーヴェンの世界に飛び込みましょう

ベートーヴェンの作品をライブで体験してください:

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン生誕250周年を記念して、 全国各地で一度限りのイベントが各種開催されます。展示会やコンサート、フェスティバル、ダンスパフォーマンス、演劇、講演などで、ベートーヴェンの活動と作品を発見してください:

ボン 今年行くべき海外旅行先ベスト5

世界で最も愛されている旅行ガイドブック「ロンリープラネット」が認定する

今年行くべき海外旅行先トップ10にボンが5位にラインクイン

ベートーヴェンの生まれ故郷で、250歳のアニバーサリーを祝いましょう!

詳しくはこちら