• ブレーメン、ロイドコーヒーで豆の焙煎
    ブレーメン、ロイドコーヒーで豆の焙煎 ©Jan Rathke / BTZ Bremer Touristik-Zentrale
名物を選択

ブレーメンのコーヒー、カフェインの有無はお好みで

ヴェーゼル川流域では、コーヒー豆の焙煎が伝統です。1673年、北の地にドイツ語圏におけるコーヒーハウス第1号がオープンしました。それ以来、コーヒーは皆に愛され続けています。コーヒーの豆や粉がブレーメン産である可能性は低くありません。北海からアルプスに至る地域で消費されるコーヒーの約半分がブレーメン産なのですから。カフェインの入った製品だけではありません。ルードヴィッヒ・ローゼリウスの功績により、カフェイン抜きコーヒー産業もヴェーゼル川でその産声を上げました。

地域のハイライト

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: