• Thuringian sausage
    Thuringian sausage ©Ralf Schultheiß Lookphotos
名物を選択

600年変わらぬ美味しさ、テューリンゲンのローストブラートヴルスト

テューリンゲン産ローストブラートヴルストのレシピは今から 600年も前に生まれたもので、ゲーテもこのソーセージを味わったと言います。しかし、およそ3千軒に及ぶテューリンゲンの肉屋で、豚肉、マジョラム、キャラウェイ、ニンニク以外の材料について教えてくれる店は一軒もありません。分かっていることといえば、このソーセージは炭火焼きにしなければならないこと、そして、重さが約 150グラムでなければならないことの2つだけです。テューリンゲンのファストフードとも言える本品には、本場テューリンゲン産のマスタードを付けて食べるのが決まりです。アルンシュタットにはドイツ初のブラートヴルスト博物館があり、展示されているテューリンゲン産ブラートヴルストに関する最も古い記録は 1404年にも遡ります。

地域のハイライト

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: