名物を選択

美味しいドイツの味。

お祭りやイベントにビールやブラートヴルストが欠かせないのは当たり前。けれどそれは、ドイツを訪れる人々を待っている味わい深い大きな世界のほんの一部に過ぎません。ドイツ全土に広がる食を発見する旅へと出かけましょう。グルメ体験・味覚体験におけるその多様さに驚かれること請け合いです。

話題のカフェやバーが並ぶ中、歴史的建物に立つ全く新しいコンセプトの市。それが、100年を超える歴史を有する、 ベルリン ・クロイツベルク地区の屋内市場・ノインで、食文化の新しいあり方を提案しています。金曜日と土曜日には市が立ち、木曜日には「Streetfood Thursday」と銘打ち、「ベルリン・ナッシュマルクト」のようなイベントを開催し、地元産の旬の製品から作られる質の高いスローフードで人々を魅了しています。Jeden Donnerstag findet hier der „Streetfood Thursday“ statt, der wie der Berliner Naschmarkt Besucher zu hochwertigem „Slow food“ und Leckereien anzieht, hergestellt aus regionalen und saisonalen Produkten.

もっと

「アーレヴルシュト」(古いヴルスト)は、長期間熟成させた、豚肉の生ソーセージです。北ヘッセン地方の伝統の一品でもあります。3カ月から 12カ月の時間をかけてゆっくりと空気乾燥させたソーセージには、他には真似のできない味わいがあります。カッセル・カルデンにあるコッホ精肉店が所有する「アーレヴルシュト博物館」では、このソーセージの生産に必要な道具類を見学することができます。

もっと

グリューネゾーセと呼ばれる、フランクフルト名物の緑色のソースには、伝統的に7種類のハーブが使われており、茹でたジャガイモや固ゆで玉子に添えて食べるのが人気です。この料理は、「緑の木曜日」と呼ばれる聖金曜日(復活祭直前の金曜日)の前日に初物として食べるのが伝統とされています。秋に初霜が降りるまでグリューネゾーセの季節が続きます。 フランクフルト にはこの料理の記念碑まであり、毎年5月にはグリューネゾーセ祭りが催され、最も優れたレシピが競われます。

もっと

シュヴァーベン地方の名物料理、マウルタッシェンの誕生にまつわる伝説は数多くあります。その中の1つに、マウルタッシェンの「マウル」はマウルブロン修道院に由来し、そこのシトー会修道士たちが断食節にも肉を絶つことができず、神の目を盗むためにこの禁じられた食べ物を生地でできた袋の中にすばやく隠したという説があります。 そのため、マウルタッシェンは俗名「神様へのペテン」とも呼ばれています。

もっと

アルテスラントがドイツ最大の果樹園と呼ばれるには理由があります。 ハンブルク に臨むアルテスラント地方では、1万ヘクタールを超える土地で主にリンゴなどが栽培されています。それ以外にもサクランボ、ナシ、プラム、ベリー系の果物が、ここからドイツ全国の果物屋さんへと出荷されています。ニーダーザクセンでは、地元で採れる果物を主に美味しいケーキやデザートの原料に使用しています。郊外に行くと、農場に併設されたカフェが数多くあり、当地の自慢料理を提供しています。

もっと

ベルリン 食文化の要のひとつとも言えるカリーヴルスト。本場の味を試してみるなら、シェーンハウザー・アレーにあるコノプケのインビスへどうぞ。「天国から地獄まで」、5つのレベルの辛さからカレーソースを選べます。1930年から変わらぬ伝統です。カルト的人気を誇るスナック、カリーヴルストを食べてみるだけでは物足りないという人は、カリーヴルスト博物館で大いに楽しみながらカリーヴルストについて学ぶこともできます。ソーセージのソファ、匂いのオルガンのある調味料の部屋など、このテーマに関するあらゆる品々が集められています。実際に触って試す博物館です。

もっと

棘の多いグミの木の茂みに輝くオレンジ色の実。グミは代表的な海岸植物です。グミの実に含まれるビタミンC は柑橘系の果物より多く、地域の住民にとっては重要なエネルギー源のひとつです。またオイル、果汁、果汁入り飲料、お茶、ジャムやその他お菓子、リキュール、ワイン、グロッグ、化粧品などなど、旅行者に人気の土産物でもあります。さらに、 リューゲン島 では、農園でグミの収穫に立ち会うこともできます。

もっと

アレックス・キューンは太陽の輝く「チョコレート日和」を心待ちにしています。そういう日には、 エアフルト のゴルトヘルム・チョコレート工房で作られる作品も一層美味しくなるからです。そしてその作品は、ジンジャー入り、チリ入り、砂糖漬けのオレンジ入り、カナダ産コケモモ入り、ウィスキー入りにグリーンティー入りと、実に多様です。中でも絶対に外せないのが「ブリュッケントリュッフェル」(橋のトリュフ)と呼ばれる、エアフルトのシンボルでもあるクレーマー橋にちなんだチョコレート。ゴルトヘルム・チョコレート工房はこの橋の上にあります。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: