名物を選択

美味しいドイツの味。

お祭りやイベントにビールやブラートヴルストが欠かせないのは当たり前。けれどそれは、ドイツを訪れる人々を待っている味わい深い大きな世界のほんの一部に過ぎません。ドイツ全土に広がる食を発見する旅へと出かけましょう。グルメ体験・味覚体験におけるその多様さに驚かれること請け合いです。

デュッセルドルフ には、昔ながらの気楽な居酒屋やレストラン、デリカテッセンなどがあり、グルメたちのメッカとなっています。文句なくドイツ一番という店も少なくありません。アルトビールの誘惑に負けた多くの旅行者は、長い歴史を持つ旧市街におもむき、260軒以上の居酒屋やレストランで、この上面発酵のビールを楽しみます。

もっと

1912年、アルフレッド・オイゲン・リッターとその妻、クララは、 シュトゥットガルト 近郊、バート・カンシュタットにチョコレートと菓子の生産工場を設立しました。1932年、クララが、どんなスポーツジャケットのポケットにも収まり、かつ長方形の普通の板チョコと同じ重さの板チョコを開発。今日では、その正方形の形は、バーデン・ヴュルテンベルクから生まれたリッタースポーツ・チョコレートのトレードマークとして世界中に知られています。現在、同社拠点があるヴァルデンブッフには、チョコレートのショールーム、チョコレート工房、正方形がモチーフのアートを集めた美術館が設けられています。

もっと

瓶詰めの、あるいは樽から取り出したばかりのシュプレーヴァルト産・酢漬けのキュウリは、昼夜を問わず食べられる栄養満点でスパイシーなスナックです。スパイス入り、マスタード入り、ニンニク入り、ペッパー入りと種類も豊富です。約 260キロメートルにわたる「キュウリのサイクリングロード」では、畑から瓶詰めまで、キュウリの生産過程をたどることができます。もちろん、各種キュウリの多様な味わいも楽しめます。ただし、手の内をすべて見せてくれるというわけではありません。各メーカーに伝わる秘伝のレシピが、真似のできない美味しさの秘訣です。

もっと

フランケン地方のシュネーバルは、別名コウノトリの巣とも呼ばれています。丸い形したこのお菓子、かつては、特別な日にしか焼かれていませんでした。今では、ローテンブルク・オプ・デア・タウバー周辺地域にあるパン屋のほとんどで、一年中、見かけるお菓子です。

もっと

ほぼ2千キロメートルも続く海岸線と、内陸部には2千を超える湖のある メクレンブルク・フォアポンメルン州 では、レストランのメニュー第1位を飾るのは魚料理です。また、漁船から直接買う魚や燻製したての魚、パンに挟んだ魚や自分で釣った魚などなど。海や湖で獲れる魚は健康にも良い食べ物です。焼いたり、燻製にしたり、マリネにしたり、ビール入りの生地にくるんでオーブンで焼いたりと、調理方法は多種多様。ちなみに、ハンザ同盟の時代、ニシンは最も重要な交易品のひとつでした。現在でも、春のニシン週間には州の至る所でニシンが讃えら、また食されています。

もっと

ザールラントに暮らす人々の大好きなのものと言えば、迷わずシュヴェンケンが挙げられるでしょう。元来「揺らす」という意味の単語で、この土地特有のバーベキュースタイルを指します。「人間は考え、神は導き、ザールラント人は揺らす」という諺があるほどで、特に暖かい季節には、屋外で焼かれる豚肉の香りがあちらこちらから漂ってきます。毎年6月の第1週末にザールルイで開催されるエメスなど、ザールラントのお祭りに立ち寄り、シュヴェンケンの楽しさをその目で確かめてみましょう。

もっと

創立 1924年、 マクデブルク のアプツホーフ特産品蒸留所は長い伝統を誇る会社です。現在、最も有名な製品は「アブサン 66」。1920年代にはフランスの芸術家たちの間でカルト的人気を博した飲み物です。

もっと

リースリングはヘッセン州にあるワイン生産地域、ラインガウおよびベルクシュトラーセにおける主要品種となっています。初めて文献に現れたのが 1500年前後。多彩な香りとパンチのある酸味がリースリングの特長で、ドイツワインの王様と呼びたい品種です。ちなみに、シュペートレーゼが生まれたのは 1775年、ラインガウのヨハニスベルク城でブドウ摘みの開始が遅れてしまったことによります。馬に乗ったシュペートレーゼ(遅摘み)の伝令使という言い伝えがあるのはそのためです。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: