• バイエルンの白ソーセージ
    バイエルンの白ソーセージ ©München Tourismus/R. Haas
選択

ヴァイスヴルストは必ずお昼の 12時までに

「白いソーセージ」を意味するヴァイスヴルストは、子牛と豚の肉に玉ねぎとパセリを加えて作られます。最も有名なバイエルン名産品のひとつであるのは確かでしょう。このソーセージは熱湯で温め、午前中のうちに食するのが伝統。できれば甘いマスタードとプレッツェル、そして1杯のバイエルン産ビールと一緒に。さらに、バイエルンに多数存在するビアガーデンで味わえば、もう言うことなしです。口で皮から肉を吸い出すのが通で、ナイフフォークを使って食べるのは初心者と地元の人ではない人々だけと言われています。

地域のハイライト

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: