• ヴェルフェンシュパイゼのデザートはハノーファー生まれ
    ヴェルフェンシュパイゼのデザートはハノーファー生まれ ©DZT/Herrenhäuser Gärten / Michael Pasdzior
選択

領主のために作られたスイーツ、ヴェルフェンシュパイゼ

ハノーファーの料理人によってヴェルフェンシュパイゼが初めて作られたのは、ヴェルフェン家の君主が王位継承 200周年を祝った時でした。白と黄の色が当家の色を表しています。ミルクバニラクリームとワインクリームの2層からなり、当時、選帝侯エルンスト・アウグストの大好物のデザートであったと言われています。現在では、ヴェルフェンシュパイゼをメニューに入れているレストランも多く、ハノーファーとその近郊においては、家族の祭事で定番の一品となっています。

地域のハイライト

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: