伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • 黒い森、ボレン帽子をかぶった女性
    黒い森、ボレン帽子をかぶった女性 ©S. Nieselt /STG
選択

未婚女性がかぶるウール製の赤いボレン帽子

黒い森と言えば、やはりボレン帽子でしょう。ボレン帽子の故郷、グータッハという小さな町では、教会の祝日に今なおボレン帽子が着用されています。さらに、ボレン帽子を作る最後の女性職人のひとりがこの町で働いています。1つの帽子を完成するのに、約1週間の時間と2キログラムのウールが必要となります。赤いボンボンは、その女性が未婚であることを示し、既婚女性は黒いボンボンの帽子をかぶります。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: