伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • 手で作られるレーダーホーゼン
    手で作られるレーダーホーゼン ©BAYERN TOURISMUS Marketing GmbH
選択

手作りのレーダーホーゼン

レーダーホーゼンはドイツを代表する衣服だと思われがちですが、実はバイエルン州以外では着用されておらず、だからこそ一層、バイエルン州においては好んで着られるアイテムです。ミュンヘンのオクトーバーフェストをはじめ、特にお祭りやお祝いの場においては、バイエルン州では今日もなお民族衣装なくしては何事も始まりません。レーダーホーゼンには、ハーフェル靴と呼ばれるアルプス地方の作業靴と、民族衣装の一部を成すヤンカージャケットとシャツが欠かせません。一方、女性の民族衣装はディアンドルと呼ばれています。ベルヒテスガーデンでは、エンゲルベルト・アイグナーが非常に質の高いレーダーホーゼンを、今なお手作業で製作しています。1本のズボンを作るのに、1頭から2頭分の鹿の毛皮と、刺繍にかかる手間に応じて約 25時間にわたる作業が必要となります。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: