伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ハローレンたちの実演により、塩水から塩を生産する工程から包装までの様子を紹介します。
    ハローレンたちの実演により、塩水から塩を生産する工程から包装までの様子を紹介します。 ©Stadt Halle (Saale), Thomas Ziegler
選択

ハレ(ザーレ川)のハローレン・製塩所技術博物館

ハレ(ザーレ川)の町の起源は豊富な塩泉によります。1491年、当時ハローレンと呼ばれた塩職人たちは「ハレの谷に暮らす塩職人友愛の会」を結成しました。この会の会員が、その祖先の歴史と伝統を今なお守り続けています。ハローレン・製塩所技術博物館では、昔から変わらぬ伝統的な手法に従い、ハローレンたちが塩水を煮て塩を生産しています。年に数回、特定の日には、その仕事ぶりを見学することもできます。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: