伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ラウシャのクリスマスツリーオーナメント
    ラウシャのクリスマスツリーオーナメント ©Thüringer Tourismus GmbH
伝統&習慣、テーマを選択

ガラス製クリスマスオーナメント発祥の地、ラウシャ

クリスマスにまつわる伝統の多くが、テューリンゲン州で生まれています。例えば、クリスマスツリーを飾るガラスの玉もその中のひとつです。小さな町、ラウシャで 160年以上も前に始まった吹きガラスの製作は、元々、町のクリスマスツリーを飾るビーズチェーンや果物、まつぼっくりを作るために始まったのものでした。これら作品が時を経て世界中で有名になったのです。テューリンゲンでは、今もなお吹きガラスの長い伝統が受け継がれています。ラウシャの色ガラス工場および無数にある吹きガラス工房では、一年を通して実演を見ることができ、クリスマスに備えて工場直売のオーナメントを購入することも可能です。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: