伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • クリスマスツリーを飾る赤いオーナメントと火を灯したロウソク
    クリスマスツリーを飾る赤いオーナメントと火を灯したロウソク ©DZT/Norbert Krüger
伝統&習慣、テーマを選択

多くの喜びを与えてくれる、おお、もみの木よ

伝説によると、クリスマスツリーがその始まりを告げたのは 1419年のことでした。当時、フライブルクのパン職人たちが木にパンや焼き菓子を吊るし、 町の子供たちは、元旦、木に吊るされた物を食べ尽くすことが許されていたと言います。この伝説が真実であるかどうかは別にして、ひとつ確かなことは、木を飾り付ける風習がドイツから世界中に普及したという事実です。プレゼントや伝統的な唄と同様、クリスマスに欠かせないのがクリスマスツリーです。世界最大のクリスマスツリーには、毎年、ドルトムントのクリスマス市でお目にかかることができます。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: