伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • アイフェルのデッペコーヘ
    アイフェルのデッペコーヘ ©Rheinland-Pfalz Tourismus GmbH
伝統&習慣、テーマを選択

アイフェルのデッペコーヘ

デッペコーヘ(またはデッペクーヘン)はアイフェル地方を代表する料理です。基本レシピでは、カルトッフェルプッファーと呼ばれるポテトパンケーキ同様、すりおろしたジャガイモ、ベーコン、玉ねぎを使用します。しかし、ドイツ中で一番早くに「この生地を焼くのにかかる時間を節約できないものか」と考えたのがアイフェル地方の人たちでした。生地を鋳鉄製の鍋(「デッペ」)に入れ、これをオーブンでケーキ(「コーヘ」)のように焼き上げます。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: