伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • 港で楽しむ東フリースラントのお茶
    港で楽しむ東フリースラントのお茶 ©Ostfriesland Tourismus GmbH
伝統&習慣、テーマを選択

東フリースラントのお茶は揺らさず、かき混ぜず

東フリースラント地方では、訪れる人にお茶を出す習慣が今なお生き続けています。氷砂糖を入れ、上から少しクリームを垂らすのがこの地方の伝統です。ここで重要になるのが落ち着いた手さばき。東フリースラントのお茶は、本来、揺らしても、かき混ぜてもいけないからです。そうすることで、まずは優しくクリーミーに、次にほろ苦く、そして最後にべっとり甘い3段階の味わいで、お茶を楽しむことができます。初心者は、ノルデンにあるお茶博物館や海岸沿いに並ぶ小さなカフェで、まずは東フリースラントに伝わるお茶のしきたりについて学びましょう。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: