伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • グリューネゾーセ
    グリューネゾーセ ©Tourismus+Congress GmbH Frankfurt am Main
伝統&習慣、テーマを選択

フランクフルトのグリューネゾーセ、7つの味を一口で

グリューネゾーセと呼ばれる、フランクフルト名物の緑色のソースには、伝統的に7種類のハーブが使われており、茹でたジャガイモや固ゆで玉子に添えて食べるのが人気です。この料理は、「緑の木曜日」と呼ばれる聖金曜日(復活祭直前の金曜日)の前日に初物として食べるのが伝統とされています。秋に初霜が降りるまでグリューネゾーセの季節が続きます。フランクフルトにはこの料理の記念碑まであり、毎年5月にはグリューネゾーセ祭りが催され、最も優れたレシピが競われます。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: