伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ゾーリンゲン産ナイフの刃
    ゾーリンゲン産ナイフの刃 ©Bergische Entwicklungsagentur GmbH/Kristine Löw
伝統&習慣、テーマを選択

刃物の町、ゾーリンゲンのナイフ

ゾーリンゲンでの刃物製造の始まりは 1363年にも遡ります。それからずっと、この町の経済生活を支えているのがナイフやハサミなどの製品です。刃物製造という産業分野が開花した背景として、水車を動かすのに必要な大小河川が町の周辺に存在したことが挙げられます。別のエネルギー源が使用されるようになった今もなお、手工業による刃物製造は受け継がれており、ゾーリンゲン製の刃物は、その高い品質により、世界中で名を馳せるまでになりました。ほぼ 700年にも及ぶ刃物製造の歴史は、当地にある産業博物館で学ぶことができます。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: