伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ザクセンのマイセン磁器製作所
    ザクセンのマイセン磁器製作所 ©Meissen/Manufaktur MEISSEN 2009
伝統&習慣、テーマを選択

白く輝く金、陶磁器

金なんて作れるさ、と大口をたたいたヨハン・フリードリッヒ・ベトガー。しかし、金の製造は上手くいかず、ベトガーは、当時たくさんのお金を払って中国から輸入されていた磁器の製造に乗り換えたのです。これが成功を収め、すでに 1710年に欧州で最初の磁器がマイセンで大量生産されることになりました。300年以上を経た今もなお、マイセンの磁器は高級テーブルウェアとして広く認められています。マイセン社・体験の世界と名付けられた施設では、白い金がたどった 300年にわたる成功の軌跡を紹介しています。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: