伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ヘッセンのリースリング
    ヘッセンのリースリング ©DZT/ Moritz Kertzscher
伝統&習慣、テーマを選択

ブドウの王様、リースリング

リースリングはヘッセン州にあるワイン生産地域、ラインガウおよびベルクシュトラーセにおける主要品種となっています。初めて文献に現れたのが 1500年前後。多彩な香りとパンチのある酸味がリースリングの特長で、ドイツワインの王様と呼びたい品種です。ちなみに、シュペートレーゼが生まれたのは 1775年、ラインガウのヨハニスベルク城でブドウ摘みの開始が遅れてしまったことによります。馬に乗ったシュペートレーゼ(遅摘み)の伝令使という言い伝えがあるのはそのためです。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: