伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • シュタイフ博物館、ぬいぐるみ動物園
    シュタイフ博物館、ぬいぐるみ動物園 ©Margarete Steiff GmbH
伝統&習慣、テーマを選択

テディベアと米国大統領

テディベアの歴史は、ギーゲン・アン・デア・ブレンツという小さな町で、マルガレーテ・シュタイフとリヒャード・シュタイフがフエルト既製品の工場を立ち上げた時代に遡ります。ゾウの形をした小さなピンクッションが、1877年、初めてのぬいぐるみとして生まれ、ここから世界における成功への道が始まります。そして 1902年、転機が訪れます。これをもたらしたのは、足と手が動くクマでした。本製品は特に米国で大きな成功を収め、当時大統領であったテオドア・”テディ”・ルーズベルトにちなんで名前も付けられました。ギーンゲン・アン・デア・ブレンツにあるシュタイフ博物館では、テディベアのわくわくする歴史が紹介されています。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: