伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • 自動車第1号に乗るベルタ・ベンツ
    自動車第1号に乗るベルタ・ベンツ ©Mercedes-Benz Classic
伝統&習慣、テーマを選択

自動車が生まれた場所、バーデン・ヴュルテンベルク州

バーデン地方のマンハイムとヴュルテンベルク地方のバート・カンシュタットで、2人の発明家がほぼ同時期に、人類の移動方法を根本から覆す技術の開発に取り組んでいました。1883年、バート・カンシュタットではゴットリープ・ダイムラーが、高速で作動する軽量汎用エンジン第1号を開発。1886年、マンハイムでは、カール・ベンツが走行可能な初の自動車で特許を取得。根気強い2人の技術者により、自動車は成功の軌跡を歩き始めます。バーデン・ヴュルテンベルクに拠点を置く製造者たちと深い関わりは、今も変わりありません。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: