伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • 庭の小人
    庭の小人 ©Europa-Park
伝統&習慣、テーマを選択

グレーフェンローダ産、庭の小人

1884年、ライプツィヒで開催された見本市で、グレーフェンローダのテラコッタメーカーがその新製品を出展。それが、誰でも買える庭の小人でした。バロック様式の小さな像がまだ裕福な人々の庭にしかなかった時代、アウグスト・ハイスナーとフィリップ・グリーベルが初めてこれら人形の大量生産を開始したのです。テューリンゲンの森の外れにある工場は、以来、「森の小人発祥の地」とされています。ここでは、白いひげを生やし、赤いとんがり帽をかぶった小人たちの生産が、すでに4世代にわたって受け継がれています。博物館では、小さな小人たちの大きな成功をたどる歴史が紹介されています。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: