伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ミュージアム村バールート・グラスヒュッテにある、魔法瓶の発明者、ラインホールド・ブルガーを紹介する展示
    ミュージアム村バールート・グラスヒュッテにある、魔法瓶の発明者、ラインホールド・ブルガーを紹介する展示 ©Wikipedia
伝統&習慣、テーマを選択

ガラスから立ち上る湯気、魔法瓶

1903年、ガラス技術者であったラインホールド・ブルガーが魔法瓶を発明しました。化学品を使用することなく、中身の温度を保つことができる容器は、当時、革命的とも言えるものでした。こうして、今も昔も変りなく、魔法瓶は非常に便利な発明品として毎日の生活に欠かせないものとなりました。魔法瓶とその成功の道のりに関する展示が、ブランデンブルク州にあるミュージアム村バールート・グラスヒュッテで見学できます。ここは、ほぼ 300年の伝統を誇る吹きガラスの村です。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: