伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • テューリンゲンのカルトッフェルクレーセ
    テューリンゲンのカルトッフェルクレーセ ©Thüringer Tourismus GmbH
伝統&習慣、テーマを選択

テューリンゲンのカルトッフェルクレーセ

「桁違いの味と大きさ、それはテューリンゲンのカルトッフェルクレーセ」。何世代にもわたって語り継がれる、テューリンゲンの決まり文句です。すりおろした生のジャガイモと、茹でて押しつぶしたジャガイモを混ぜた中に、バターでカリッと炒めたクルトンを詰めるテューリンゲン団子は、同じくジャガイモから作られる他の団子とは全く異なります。ハイヒェルハイムに新たにオープンした「テューリンゲンの団子の世界」という名の施設では、団子やジャガイモの歴史についての楽しい展示室が設けられており、団子製品の工場直売、その場で食べれる団子屋さん、中に入れる団子としては恐らく最も大きな団子シアターと、これでもかというほどの団子づくしです。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: