ランゲオーク島:美しい景色
Langeoog Island © TourismusMarketing Niedersachsen GmbH

ランゲオーク島:美しい景色

給水塔、全長14キロメートルの砂浜や高さ20メートルの砂丘を含む、壮大な風景、夢のような自然……それが東フリースラント諸島のランゲオーク島です。 魅力的な雰囲気によって、多くの滞在客を惹きつけています。

ランゲオーク島は、ワッデン海と外洋の間に位置する、総面積20平方キロメートルの島です。 厳しい自然に晒され続けてきたにもかかわらず、東フリースラント諸島の中で唯一、治水構造物を設けていない島でもあります。 とはいえ、外洋側は砂丘が自然の防潮堤となり、ワッデン海側はフリントヘルン土手やオスター土手が、北海の高波から守っているので、滞在客も不安に感じることがありません。 夏のシーズンには、島のランドマーク ─ 1909年建設の給水塔 ─ に上り、島内で最高の展望を楽しむこともできます。 そうすれば、ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園が、非常に美しい姿で、目の前に広がります。 ちょっと運が良ければ、ドイツ最大のセグロカモメのコロニーも目にできるでしょう。

ランゲオーク島は自動車が禁止されていますが、観光シーズンには主要ショッピングストリート2本での自転車走行も禁止になります。 このため、爽やかな北海の風を浴びながら、のんびりと買い物を楽しめます。 島の歴史に興味を抱いたら、大規模な北海水族館を併設した、ランゲオーク航行博物館を訪ねてみてください。 家族みんなが楽しめるはずです。

ランゲオーク島では、たとえば禁煙エリアのように、細かく区分けされた海水浴場からも、愛すべき特徴が見て取れます。 他にも、青少年や犬、スポーツ、カイト向けのエリアが設けられています。 これなら、誰もがぴったりの場所を見つけられるはずです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました