Spiekeroog Island
Spiekeroog Island © Nordseebad Spiekeroog GmbH

シュピーカーオーク島:緑に覆われた “夢の島”

息を呑むような自然、全長15キロメートルにも達する砂浜、そして船旅が、シュピーカーオーク島やワッデン海の探索へと招きます。 ここは、北海を愛する人にとって、夢のような場所です。

シュピーカーオーク島は、ランゲオーク島ヴァンガーオーゲ島の間に位置する、総面積18.25平方キロメートルの島で、東フリースラント諸島の島としては珍しく緑に覆われています。 この島は、ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園の中にあり、オークやオウシュウクロマツといった、典型的な高木が見られるのが特徴です。 夏には、砂丘で藤色に輝くイソマツや野生のバラに魅了されることになります。 秋にはヒッポファエがオレンジ色に染まります。 植物学的にとりわけ興味深い場所としては、ヴィットビュール国立公園ハウスから島東端部まで続く東部平地が挙げられます。 この島では、風と潮汐により、砂丘の景観が常に変化しています。

この島が健康ツーリストを惹きつけているのは、自動車が禁止され、緑が豊かで、空気が澄んでいるからだけではありません。 クアミッテルハウスは、伝統的・現代的な療法が行われる、リラクセーションの場となっています:たとえばホットストーンセラピーやタラソテラピーは、身体の抵抗力を高める効果があります。 静穏とウェルネスの他にも、シュピーカーオーク島ならではの体験をしたいのなら、アザラシの砂州への船によるエクスカーション、あるいはゴルヒ・フォック級帆船によるクルーズが可能です。 クルーズ中には、小型の底引き網を用いた漁が実演されます。

本格的なクルーズの後には、素晴らしいレストランで獲りたての魚を味わったり、島に4軒あるティールームのひとつでくつろいでみてください。 紅茶とクルンチェ (氷砂糖) があってこそ、東フリースラント地方の居心地の良さは、最高のものになるのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました