ヴァンガーオーゲ島:ワッデン海の中の保養地
Wangerooge Island ©Kurverwaltung Nordseeheilbad Wangerooge

ヴァンガーオーゲ島:ワッデン海の中の保養地

ヴァンガーオーゲ島は、北海沿岸部に位置する療養浴場&保養地です。 ニーダーザクセン・ワッデン海国立公園の真っ只中にあり、海岸と砂丘、塩性湿地が地形上の特徴になっています。 滞在すれば、リフレッシュできること間違いありません。

ヴァンガーオーゲ島は、風光明媚な東フリースラント諸島の東端にある、7島の中で2番目に大きな島です。 歩行者に優しい保養地であり、島の端から端までの8.5キロメートルを、短時間で踏破できます。 港から島内の駅までは、100年以上の歴史がある島鉄道で移動することも可能です。

自動車が禁止されているヴァンガーオーゲ島では、自宅よりも時間がゆっくりと進んでいるように感じられます。 とはいえ、スリリングなアトラクションもいろいろありますし、夏には長大な海水浴場に、色とりどりの屋根付きビーチチェアが並び、リラックスの時間へと誘います。 商店や居心地の良いホテル、レストランは、狭い範囲に集中しています。 海岸は、日光浴を好む人々や積極的にスポーツを楽しむ人々、そして子供たちに、様々な可能性を提供しています。 たとえば、ビーチバレーボールやウインドサーフィン、子供たちと一緒に砂遊び、あるいはただ単にくつろいで……。 内陸部では、サイクリングやジョギング、ゴルフなど、アクティブな滞在にぴったりの環境が整えられています。

スポーツで肉体を酷使した後には、保養地であるヴァンガーオーゲ島が、ヘルスセンターへと招きます:ここでは、ウェルネスと健康が独特のスタイルで結びつき、身体と心に印象的な体験をもたらします。 この島では、生気を取り戻したり、自らを再生したり、ただ単に気持ちよく過ごすことができるのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました