ウーゼドム島 ©Usedom Tourismus GmbH (Andreas Dumke)

ウーゼドム島:浜辺 ─ 自然 ─ 光

全長42キロメートルにも達する白く美しい砂浜、5つの桟橋、見事に維持された海水浴場建築、そして200キロメートルのサイクリングロードと400キロメートルのハイキングルートでアクセスできる、手つかずの自然が、訪れる人を待っています!

ウーゼドムは、メクレンブルク・フォアポンメルン州の東北部に位置する、ドイツで2番目に大きな島です。ここでは、浜辺と自然、光が織りなす、類い稀なハーモニーが、休暇を一年で最も素晴らしい時間に演出します。

魅力的な海水浴場建築が立ち並ぶ海水浴場

海岸と海を好む人もいれば、「アハターラント」とも呼ばれるウーゼドム島の後背地で、長距離ハイキングやサイクリングを楽しむ人もいます。たくさんの人が、自然の中で休息を求め、この島を包む海の香りに身をゆだねているのです。その際に特別な魅力を放っているのが、昔ながらの海水浴地であり、代表的なものとしてアールベックやヘリングスドルフ、バンシンといった歴史的な海水浴場が挙げられます。この島は、桟橋と比類のない海水浴場建築で、海水浴文化が生まれたばかりの19世紀へと訪問者たちを誘っているのです。

自然の中でも、贅沢にも宿泊可能

海岸に面した星付きホテルの宿泊客として、あるいはアットホームな雰囲気の、こぢんまりした旅館やペンションで……ウーゼドム島では、自分が歓迎されているのを感じるはずです。さらに、ノーブルなヴィラや農場、ハウスボートなど、ドイツの “太陽の島” ウーゼドム島なら、様々なスタイルで、そして個性的に休暇を過ごせます。

海の香りがする文化

ウーゼドム島では、文化に興味がある人も満足することでしょう。たとえば海辺でのクラシック音楽や演芸フェスティバル、あるいはウーゼドム文学週間やウーゼドム音楽フェスティバル、ヴィネータ演劇祭など、カレンダーにはイベントが目白押しです。そしてレストラン “グラン・シュレム Grand Schlemm” が、春のウーゼドム島ニシン週間や秋のジビエ週間と共に、特別なグルメを約束します。

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: