アスパラガス栽培地域でグルメ・ツアー
サイクリングを楽しむ ©Kiedrowski, Rainer (Kiedrowski, Rainer)
観光街道を選択
ニーダーザクセン州アスパラガス街道

アスパラガス栽培地域でグルメ・ツアー

ニーダーザクセン州アスパラガス街道は、ドイツのアスパラガスの5本に1本を生産している “アスパラガスの州” ニーダーザクセンを通る、高級グルメ・ルートです。アスパラガスの町ブルクドルフを起点・終点に、分かりやすく標識が設けられた、全長約750キロメートルの周回コースであり、アスパラガス・サイクリングロードと平行する形で、ブラウンシュヴァイガー・ラント地方やハノーファー&周辺地域、リューネブルガー・ハイデ、ヴェーザー川中流域、オルデンブルガー・ミュンスターラント地方といった、主要栽培地を結んでいます。

散策し、眺め、味わう。確かにアウトバーンは、迅速に目的地に着けるので便利です。ただ残念なのは、その代わりに素晴らしいものをたくさん見逃している点です。一度アウトバーンから降りて、ニーダーザクセン州の “緑の心臓” である、アスパラガス生産地に入ってみてください。ニーダーザクセン州アスパラガス街道が、このグルメ食材の “サクセス・ストーリー” を紹介してくれます。

徹底的にアスパラガス

このあたりでは、すでに3月にはアスパラガス畑が圧倒的な存在感を示すようになります。アスパラガスが収穫されるのは、4月下旬から6月末 (ヨハニスの日) にかけてです。収穫後のアスパラガス畑は、秋も終わりになるまで、赤い実をつけた緑の植物のように見えます。収穫期はとりわけ興味深い時期です。アスパラガスが掘り出されて、販売され、レストランでは様々なバリエーションで供されます。

収穫期以外も魅力的

ニーダーザクセン州アスパラガス街道は、これまで10年以上にわたって高品質のアスパラガスを、魅力的な土地と共に紹介してきました。ここは、牧歌的な原野や自然のままの湿地、興味深い観光スポット、様々なアトラクション、見事な祭り、市場、特別イベントなどを体験できる、アスパラガスのシーズンに限らず旅する価値がある場所なのです。

知識と味覚

アスパラガスは、最古の栽培植物に数えられます。すでに、古代エジプトで知られていたほどなのです。ドイツでの歴史は、古代ローマ人から現代に至ります ─ その際、アスパラガスは常に薬草とみなされてきました。アスパラガスの栽培は、時間も労力も必要とする仕事です。食べる際には、様々なサイドメニューと共に、好みでソースをかけて ─ あまり手間をかけずに、最高の味覚を堪能できます。

ニーダーザクセン州アスパラガス街道

全長:約750 km

テーマ:ニーダーザクセン州のアスパラガス栽培地域における文化と自然

見どころ:
アーンスベック: 村礼拝堂、パン焼き小屋
ブルッフハウゼン=フィルゼン: ミュージアム鉄道
ブルクドルフ: アスパラガスと木組みの家の町、アスパラガス・コレクション
クロッペンブルク: 野外博物館
ホーヤ: 州立乗馬学校
ニーンブルク: アスパラガス博物館、アスパラガスの女王
ランデスベルゲン: ラートラー納屋、駅舎内結婚式場
レーデン: 牧羊場、ウエスタン乗馬場
ユッツェ: エルゼ・レジャーパーク、ボック型風車

www.niedersaechsische-spargelstrasse.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: