ローマ帝国と属州が残した、印象的な痕跡を辿って
古代ローマの邸宅の浴場、ニーダーエッシャッハ=フィッシュバッハ近郊 ©Römerstrasse Neckar-Alb-Aare
観光街道を選択
ネッカー=アルプ=アーレ古代ローマ人街道

ローマ帝国と属州が残した、印象的な痕跡を辿って

全長約400キロメートルのネッカー=アルプ=アーレ古代ローマ人街道は、古代の道路地図『ポイティンガー図』に掲載されていた、1本のローマ街道に注目したものです。このローマ道路は、軍団宿営地のヴィンドニッサ (現在のスイス・アールガウ州ヴィンディッシュ) とグリナリオ (現在のシュトゥットガルト近郊ケンゲン) を結んでいました。自動車で走り抜けるのがもったいないような、個性的なルートです。

ネッカー=アルプ=アーレ古代ローマ人街道は、『ポイティンガー図』を基に、ローマ帝国ゲルマニア・スペリオル (高地ゲルマン) 属州の主要拠点を結んでいます。多数の古城が建つシュヴェービッシェ・アルプの高原地帯をスタートして、風光明媚なネッカー河畔を進み、ライン川上流域やアーレ川の美しい渓谷まで……変化に富んだ風景と洗練された文化は、ローマ帝国の歴史に興味を持つ、あらゆる旅行者に感激をもたらすことでしょう。

古代ローマ人 ─ ヨーロッパを築いた人々

街道沿いでは、考古学的な発掘調査が行われており、古代ローマ人の文化や日常生活について、総合的なイメージが得られるようなものも発見されています。たとえば、当時の建築技術の粋とされるヴィアドゥクト (高架橋) 、あるいは大農場や城塞の壁跡、さらには温泉や浴場、暖房設備、水道、便所、道路、マイルストーン、集落システムなどです。中でも、計画的に張り巡らされた道路網は、広大なローマ帝国を組織・管理し、物資を供給するために必要不可欠な存在でした。

帝国の遺産

ルート沿いには様々なテーマ・ミュージアムが設けられ、考古学的な発掘作業による、無数の出土品が展示されています。古代ローマ人の業績なくして、私たちの文化は考えられません。ローマ帝国自体は遙か昔に崩壊してしまいましたが、当時の人々が苦労して手に入れたものは、今日なお生き続けています。彼らは、そのアイデアと発明によって、近代ヨーロッパの礎を築いたのです。具体的には、民主主義や完璧な水道システム、国家建設などが挙げられますし、かつての属州都市の多くには、今日なおローマ建築の痕跡が見られます。法律においても、本質的な部分で近代の法規定に受け継がれているような、民事・刑事訴訟手続きが含まれていました。これらの事実は、どれほど古代ローマ人の精神的遺産が、今日まで残っているかを改めて証明しています。

古代ローマ人との関連で、さらに多くのものが

この街道の両側に広がる、類い稀な文化的景観もまた、様々なものを提供しています。たとえば、堂々たる城塞や壮麗な宮殿、ロマンチックで見晴らしの良い教会を舞台に、祝祭やゲーム、食事、競走など、古代ローマ人にちなんだイベントが開催されているのです。さらに、ハイキングやサイクリングを好む人々も、この “パラダイスさながらの土地” で、お気に入りの高台や渓谷を見つけて、フィットネスや健康、精神的バランスを維持するべく楽しんでいます。

ネッカー=アルプ=アーレ古代ローマ人街道

全長:約400 km

テーマ:古代ローマ人関連の観光スポット

見どころ:
ブルック/ヴィンディッシュ: ヴィンドニッサ公園/博物館、ローマ軍団兵体験遊歩道
ヘッヒンゲン=シュタイン: ヴィラ・ルスティカ/野外博物館
ヒュフィンゲン: ローマ浴場跡
ケンゲン: 古代ローマ公園、ミュージアム
ロッテンブルク/ネッカー: スメロツェンナ博物館
ロットヴァイル: ローマ軍団浴場、ドミニコ修道会博物館
シュライトハイム: 古代ローマ体験遊歩道、古代ローマ人の地下室、テルメ博物館

www.roemerstrasse.net

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: