伝説と秘密に満ちた、ロマネスク様式の “リエゾン”
プレーンライン、ローテンブルク・オプ・デア・タウバー ©Touristik-Arbeitsgemeinschaftg Romantische Strasse GbR
観光街道を選択
ロマネスク街道

伝説と秘密に満ちた、ロマネスク様式の “リエゾン”

ロマネスク街道は、ザクセン・アンハルト州を8の字に走る、全長1200キロメートルのルートです。マクデブルクを交点とする南北2つの周回コースで、オットー時代の遺産である “ロマネスク文化の密集地” を旅することになります。皇帝や国王が宮廷を構えていた、中世への扉を開いて、文化的な遺産や自然の魅力を発見してください。

ロマネスク街道は、ヨーロッパ文化街道トランスロマニカの一部であり、名前が示しているように、ロマネスク時代の理想を凝縮したエッセンスのようなルートです。ザクセン・アンハルト州のハルツ山地とエルベ川の間、そしてアルトマルク地方とザーレ=ウンシュトルート地域の間ほど、ロマネスク時代の “証人” が残っている土地は、ドイツには存在しません。

オットー大帝の足跡を辿って

この地は、初めてのドイツ人皇帝であるオットー大帝の下で、世界の中心になりました。ロマネスク街道は、歴史や文化、芸術を愛する人にとって非常に興味深いルートですし、ドイツで最も古い街道のひとつにも数えられます。ヨーロッパ・レベルの観光スポット65か所と中世の建造物80件が、 “石造りの年代記” さながらに、ドイツ史の始まりやロマネスク様式の美術&建築を紹介しているのです。

形を持つ雰囲気 ─ 古の魔法をかけられた土地

中世における歴史的出来事の舞台、1000年近くの歳月を経た大聖堂および宝物、静寂に包まれた修道院教会と村教会、修道院と居城、まるで絵のような城塞、木組みの家、古い都市施設……。ザクセン・アンハルト州には、中世の芸術を伝える歴史的記念物も多数存在します。もっとも、当時の石工の技術なくして、ロマネスク様式の建物は生まれませんでした。

時を忘れてしまうことも

ロマネスク様式の建造物を舞台にコンサートや中世祭、芸術プロジェクトが開催されて、「ロマネスクの世界」が再現され、皇帝や国王が宮廷を営んでいた、中世の雰囲気が醸し出されています。また、興味深い特別展や変化に富んだイベント、内容豊かなガイドツアーにより、ロマネスク街道では常に新たな発見が期待できます。

ロマネスク街道

全長:約1200 km

テーマ:文化、建築、芸術、歴史、自然

見どころ:
バート・ケーゼン: ルーデルスブルク城、濃縮製塩装置、修道院教会
ブランケンブルク: 歴史的な 庭園、宮殿、教会
フライブルク : ノイエンブルク宮殿、ゼクト醸造所、修道院教会
ハルバーシュタット: 大聖堂&宝物、ミュージアム、記念館
マクデブルク: 大聖堂、修道院、砦
ナウムブルク: 大聖堂&宝物、ミュージアム、記念館
パンスフェルデ: ファルケンシュタイン城
クヴェートリンブルク: 木組み建築、世界遺産、聖セルバティウス司教座教会&大聖堂宝物、ミュージアム
クヴェーアフルト: 城、市城壁、考古学公園
ツァイツ: モーリッツブルク宮殿、大聖堂、地下通路網

www.strasse-der-romanik.net

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: