ザクセン=ボヘミア銀街道
選択

ザクセン=ボヘミア銀街道:エルツ山地の鉱山文化と風習、銀財宝

伝統豊かなエルツ山地で、監督技師や鉱夫、住民の習慣などについて知りたいなら、銀の帯さながらに歴史と現在とを結びつけている、全長230キロメートルの銀街道をたどってみてください。

ヨーロッパ最大の屋外博物館とされるザクセン=ボヘミア銀街道は、心のこもった「グリュック・アウフ (無事を祈る鉱夫の挨拶)」で歓迎してくれます。 この街道は、以前東ドイツの大衆車トラバントが製造されていたツヴィッカウで始まり、かつて銀が宝物殿を埋め尽くして、権力に姿を変えたドレスデンで終わります。 エルツ鉱山は、この地域に富をもたらし、文化の花を咲かせました。 経済的・文化的な発展は、フライベルクやシュネーベルク、マリーエンベルク、アンナベルクといった町から始まりました。 8世紀に及ぶ鉱夫の伝統を印象的に伝える数々のもの、年代を経て威厳を備えた鉱山町、興味深い博物館、堂々たる宗教建築物が、リアルな体験を可能にしてくれます。 有名な人物もまた、ここで活動していました。中でも数学者アダム・リースや鉱山学者ゲオルギウス・アグリコラ、オルガン製作者ゴットフリート・ジルバーマンは広く知られています。 いくつかの実演工房では、見学者も木工細工やろくろ工芸、玩具作り、(ここが起源となっている) ボビンレース編み細工を体験できます。 銀街道は、夏は色彩豊かな、絵のように美しい風景の中に、冬にはロマンチックな雰囲気が漂う、愛らしい “クリスマス・メルヘンの国” として姿を現します。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました