シュヴェリーン宮殿と公園

シュヴェリーン宮殿と公園。 湖上の宝石。

無数の塔や丸屋根、翼棟を備える、ロマンチックなメルヘン宮殿がシュヴェリーン湖に映っています。 フリードリヒ・フランツ2世が、王家の権勢を印象づけるシンボルとして、1857年までに改築しました。

シュヴェリーン湖に浮かぶ島の上という、ロマンチックなロケーションにあるシュヴェリーン宮殿は、ヨーロッパ歴史主義で最も重要な建築物に数えられています。 早くも973年に記録に現れたスラーヴェンブルクの建築主は、島の上という戦略上有利な場所を選択したわけです。 5翼式の宮殿という今日の外観は、メックレンブルク・シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ2世の改築によるところが大です。 当時最も優れた人々が、建築に参加しました。653の部屋は、象嵌細工の床や豊かな彫刻、金箔貼り、化粧漆喰天井などで飾られた、豪奢な造りになっています。 ハイライトとなるのが「謁見の間」で、カラーラ大理石の柱と金メッキが施された鋳鉄製扉を備えています。 華やかな系図ギャラリーやダイニングルーム、ガーデンサロン風に造られ、湖を展望できる円形塔部屋もまた、見どころに数えられます。 素晴らしい陶磁器コレクションや定期的な宮殿コンサートが、さらなるアトラクションを提供しています。 しかしながら、今日州議会として利用されている、この宮殿の特別な魅力は、周囲に広がる豪華なバロック庭園との調和にあります。 エクスカーション ハンザ都市ロストックメックレンブルク・フォアポメルン州最大の都市 ─ やユネスコ世界文化遺産登録都市ヴィスマールで、レンガ造りゴシック様式の素晴らしさ体験してください。 ヴィスマールの旧市街は、14 世紀のハンザ同盟最盛期に発達した都市の典型を、今日なお示しています。 フリードリヒスモーア狩猟用離宮は、愛おしく感じるような小さな宮殿です。 長時間ハイキングルートを歩いた後で、休憩を取るのにぴったりの場所です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました