ヘレンハウゼン王宮庭園

ヘレンハウゼン王宮庭園 ─ ハノーファー選帝侯妃による造園芸術。

ヘレンハウゼン王宮庭園は、ヨーロッパで最も美しい庭園のひとつに数えられています。 この素晴らしい庭園の発案者である選帝侯妃ゾフィー・フォン・ハノーファーは、郊外にある夏の離宮ヘレンハウゼンを、オラニエ家の壮大なバロック庭園をモデルに造りかえようとしました。

ニーダーザクセン地方のハノーファーには、選帝侯妃ゾフィー・フォン・ハノーファーによって造られ、ヨーロッパで最も美しい庭園に数えられるヘレンハウゼン王宮庭園があります。 その中心となるのは、巨大な野外宴会場「グローサー・ガルテン」です。1666年に建造が始まり、1696年から1714年にかけて選帝侯妃ゾフィー・フォン・ハノーファーによって今日の姿に形づくられました。 文字が描かれた大花壇や夏の花3万本による、整えられた自然です。 真っ白な砂岩による彫像が多数飾られており、たとえばヘラクレスは棍棒を持って中央道を監視し、ビーナスが天使と共に右手を眺めています。 バロック庭園は、リアリティと誇張によって大成功を収めています。大噴水 (82メートル) は、ヨーロッパの庭園にあるものとしては最も高い噴水ですし、大型カスケード (多段式の滝、1670年頃) は、現存する最も古いものに数えられています。 金色の彫像が立ち並ぶ、ドイツ初の庭園劇場は、今日なお選帝侯妃の時代と同様の、華々しい雰囲気を醸しています。 「山庭園」では、草原や湿原の他に、蘭や熱帯雨林、サボテン用の温室、熱帯気候のサンルーム、1794年のキュウリモクレンのような希少な古樹が、人を引き付けています。 この他の王宮庭園のハイライトとしては、園内北西部に1676年に造られた、歴史的な洞窟が挙げられます。 この洞窟は、世界博覧会エキスポ2000年にあわせて修復された後、第2の誕生を迎えます。 2001年から2003年にかけて、芸術家ニキ・ド・サンファルの設計によって造りかえられたのです。 1720年建設のオランジェリー、そして2000ものスケッチが集められたヴィルヘルム・ブッシュ博物館もまた一見の価値があります。 この地域のエクスカーション目的地としては、ヴェルフェン宮殿内にある大学 ─ 現在はハノーファー大学の威信を体現する本館 ─ やハノーファー体験動物園、そして1985年以来ユネスコ世界文化遺産に登録されているヒルデスハイムの聖ミヒャエル教会が挙げられます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました