バーデン・バーデン
都市を選択

バーデン・バーデン:人生の素晴らしさを体感できるところ。

ベル・エポックの頃のバーデン・バーデンは、富豪や美女が集まる、ヨーロッパの夏の首都でした。今日では、高度な医療を提供する、温泉・文化都市として世界的に有名です。 バーデン・バーデンは、華やかなフェスティバルと他の追随を許さないエレガンスにより、特権や格式、贅沢なライフスタイルの代名詞になっています。 クアにしろ文化にしろ、この都市は常に最高のものだけを提供しているのです。

バーデン・バーデンは、シュヴァルツヴァルト (黒い森) の麓という、素晴らしいロケーションにあり、あらゆる文化・健康プログラムにとって、考えられる最高の環境が整えられています。 ここでは、地下2,000メートルから湧き出す熱い湯が、現代的なカラカラ浴場や歴史的なフリードリヒ浴場 (ローマ・アイルランド風) など計12の浴場で、世界各地からの旅行者にリラクセーションを提供しているのです。 最も熱いもので68度に達する温泉水は、この他にも様々なセラピーに利用されています。 心臓や循環器、関節、呼吸器の障害、リューマチ、代謝疾患……バーデン・バーデンの温泉は、お湯と共に、ウェルネスや健康をもたらす存在なのです。 全長3キロメートルにも達するリヒテンターラー・アレー沿いの公園や庭園、そしてデラックス・ホテルが、何に寄与しているかは明白でしょう。 純白のクアハウス内にあるカジノは、世界で最も美しいものに数えられる、バーデン・バーデンのシンボルです。そして、祝祭劇場 ─ ヨーロッパで2番目の規模を誇るオペラ&コンサートハウス ─ では、毎年聖霊降臨祭にヘルベルト・フォン・カラヤンを偲ぶ音楽祭が、素晴らしい雰囲気の中で開催されます。 リヒテンターラー・アレーにあるフリーダ・ブルダ美術館も一見に値するものです。リチャード・マイヤーの設計で建てられ、2004年にオープンした美術館で、世界屈指の現代芸術コレクションを所蔵しています。 たとえば常設展では、ゲオルク・バゼリッツやマックス・ベックマン、アンゼルム・キーファー、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、ウィレム・デ・クーニング、マルクス・リュペルツ、パブロ・ピカソ、ジグマー・ポルケ、ジャクソン・ポロック、ゲルハルト・リヒターなどの作品を目にできます。 バーデン・バーデン市立博物館とファベルジェ美術館、州立バーデン・バーデン美術館も、劇場やフェイルハーモニーと同様に、世界レベルの施設といえるでしょう。 有名なイフェッツハイム競馬場のレースは、1858年以来社交界のハイライトとされ、現在は国際的なミーティングポイントになっています。 一年を通じて、美しい旧市街がショッピングに招き、いくつもの “星” や “コック帽” で飾られたレストランが、インターナショナルなグルメ料理やバーデン地方の郷土料理で誘います。 ワイン好きの方におすすめなのが、郊外のブドウ栽培地域です。周囲にブドウ畑が広がる素晴らしい環境の中で、小さなガストハウス (レストラン兼ホテル) や最高級のレストランが、味覚上の発見へと導きます。 繰り返すまでもないでしょうが、バーデン・バーデンでは「忘れられない発見」が至る所で可能なのです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました